事件

ゼエンユロン容疑者のFACEBOOK顔写真や経歴は?覚せい剤をカップめんに隠して受け渡した民泊の場所で密輸で逮捕

ゼエンユロン容疑者のFACEBOOK顔写真や経歴は?覚せい剤をカップめんに隠して受け渡した民泊の場所で密輸で逮捕

とんでもない事をして覚せい剤を密輸していた外国人がいました。

民泊施設を受取場所にして覚醒剤を密輸したとして、福岡県警は中国籍のゼエン・ユ・ロン容疑者(37)を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで逮捕し、23日に発表ししました。

今回は密輸をしていたゼエン・ユ・ロン容疑者の詳細をまとめました。

覚せい剤

ゼエンユロン容疑者のFACEBOOK顔写真や経歴は?覚せい剤をカップめんに隠して受け渡した民泊の場所で密輸で逮捕


民泊施設を受取場所にして覚醒剤を密輸したとして、福岡県警は中国籍の住居不詳、無職ゼエン・ユ・ロン容疑者(37)を覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの疑いで逮捕し、23日に発表した。県警は、宿泊者が目立ちにくい民泊の特性を利用したとみている。


 発表によると、ゼエン容疑者は他の複数人と共謀し、覚醒剤約1・4キロ(末端価格約8400万円)を隠したカップ麺などの荷物を4月7日、タイから郵便で輸入するなどした疑い。「友人に言われて荷物を受け取っただけ。中身は知らなかった」などと、容疑を否認しているという。

 荷物は同9日に福岡市の郵便局に届いたが、局内の門司税関の出張所で職員が検査し、覚醒剤を発見。別物にすり替えて発送先の同市南区の民泊のアパートに送ると、滞在していた一室の玄関先でゼエン容疑者が直接受け取ったという。

 門司税関は5月22日、ゼエン容疑者を関税法違反(輸入禁止貨物の輸入未遂)の疑いで福岡地検に告発した。(島崎周)

恐らくエックス線などで調べるのでしょうか?海外人観光客に紛れての犯行だと思われますが、相当量のカップめんに不審に思ったのでしょうね。

それにしても、このゼエン容疑者は仕入れと販売のバイヤーみたいな感じでしょうか。

国内の買い手はどこなのでしょうか。ひょっとすると九州の最大手の暴力団からの以来なのか。

もしくは行商に来ただけなのか、組員なのかと想像してしまいます。

受け渡しの民泊の場所は

地図で福岡市南区の民泊で調べましたが、かなりの件数が出て来ました。

最近は海外観光客が多いので、このような事件が起きているかどうかすらわかりずらいと思われますが、荷物預かりの郵便局の方が多量のカップラーメンに疑問を持ち調べてみたのだと思われます。

逆に考えてみたら、多量の小さいものが海外から個人で輸入されたらまず疑うくらいでいいかもしれませんね。

このような手口は小さい量にしてわからなくさせる。方法が多いかと思われますので。

ゼエンユロン容疑者のプロフィール

名前  ゼエン・ユ・ロン

年齢  37

住所  住居不詳

国籍  中国籍

職業  無職

タイから郵便で輸入していたことから、ひょっとすると国籍は中国だけどタイ人という可能性もあるかもしれません。

またゼエンユロンのFACEBOOKなども調べましたが、顔画像やアカウントみたいなものは残念ながらみあたりませんでした。ひょっとすると、英語の読み方などが分れば出てくるかもしれません。

これだけの金額を押収されているということはかなりの慣れっこだったと思われます。

世間の反応や声は


単に薬の売人は悪人だとか、個人が楽しむなら構わないとか、そういうレバルじゃなく、薬を買った金は裏社会の利益になり、さらには作っている半島の利益になってるということ。
薬を常習している人間は、北朝鮮や中南米の協力者であるということ。

日本の法律だと重くても執行猶予付きそうなんで母国の法律で裁いてあげて下さい。

しらばっくれてもダメとわからせなきゃ。


だから言わんこっちゃない。民泊なんて犯罪のつなぎ場所になるだけだ。早急にこの制度を禁止しないといけない。


法務大臣閣下殿、外国人の犯罪が多くて治安が悪化したと思われませんか?!

引用:朝日新聞