芸能

吉本興業の岡本社長の会見とキンボシのリークと加藤浩次はスッキリで退社宣言?宮迫・田村亮の会見後の流れ

吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日、闇営業問題で同社から事実上の解雇処分を受けたお笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による謝罪“告発”会見を受け、東京都内で会見。宮迫と亮への処分を撤回する意向を表明しました。

世間でも大きく話題となっていましたので、会見の内容や窃盗団とフライデーで取り上げられたことの新たな証言なども踏まえて、宮迫さんや亮さんの復帰はいつなのか、主観を元にまとめました。

岡本昭彦社長の会見の内容は


「(宮迫博之の契約解除)処分を撤回させていただき、いつか2人とミーティングが出来るなら会社に戻ってきてもらいたい。そのときは全力でサポートさせて頂きます。宮迫くん、亮くんに対して芸人・タレントファーストを徹底できていなかったことを心からお詫び申し上げます。同じテーブルについて、最善の解決策を一から考えさせていただきたいと思います。
 社長として至らなかった責任として、50%の減俸を1年間続けることとします。会長の大崎も併せて一年間の減俸を続けさせて頂くことを報告いたします」
 7月22日、午後、吉本興業の岡本昭彦社長は記者会見を開き、こう謝罪した。19日に吉本から契約解除されていた宮迫博之は、20日に記者会見を開き岡本社長のパワハラ発言を暴露。その行為に世論や芸人から批判が集まり、とうとう社長自らが涙ながらに謝罪会見を開かざるをえない状況まで追い込まれた形だ。


https://bunshun.jp/articles/-/12948

詳細をまとめると宮迫さんと亮さんの記者会見の後にダウンタウンの松本さんがすぐ動いて岡本昭彦社長の記者会見の道に進めるようにも思いました。

今回の記者会見では周りからは批判的な声も多いですが、会長は出てきていませんが、社長を代表として謝罪の会見を行ったのは解決を探る点としては一歩進むことになったのではと思います。

その松本人志さんが表に出て動いてくれた動きが記者会見の2日前から始まっていました。

ツイッターでのツイートがあまりにも共感を呼びましたがいかに載せます。

その松本さんの動きに対しての質問の報道映像がありました。

この報道を見たときは本当に鳥肌が立つくらい男気があるなとおもいました。

その翌日の7月21日にワイドナショーで松本人志さんと東野浩二さんが今回の件について緊急生放送を行いました。本当に松本さんの動きが早いですよね。

岡本社長に会見をしなさいといったようです。あと、吉本興業内にもう一個、松本興業じゃないけど、部署を作ってくれと。やらかした子やイエローカードになった子たちを、俺が引き取るから保証人っていうか、なるから、その子たちをちゃんと生かしたってくれと、お笑いをする人間を、自分でやめるのはともかく、上から言われて首っていうのは自分は絶対違うと思います。

それは会社も受け入れてくれたとのことです。

そして、明石家さんまさんも割と同じようなことも言ってるとのことでしたので、だっだら私がさんまさんのとこに行ってもいいのかなって。

という、松本さんが吉本興業に話した内容を笑いを取りながら場を和ませている様子が、さすが松っちゃんと思いました。、

宮迫さんと犯罪集団との真相はデマ?


宮迫が野口被告らと「宮迫です!」ポーズを決めた写真が撮影されたのが大阪北新地のキャバクラ。金塊強奪後、野口被告が大阪で豪遊していた時期だった。7月20日に開かれた宮迫の謝罪会見では、『FRIDAY』に掲載された写真について、「トイレで声かけられ、記念撮影に応じただけ。店員に止められたが、写真くらいならと応じた。証人もいる」と宮迫は話した。ただの記念撮影であり、金銭の授受はなかったという主張を繰り広げたのだ。
乾杯の際は新しいシャンパンを注文していた
 これまで金塊強奪グループ関連では、男性アイドルやタレントの名前が取り沙汰され、酒席写真や親交が騒がれたこともある。彼らが派手な私生活を送っていたことは間違いないし、芸能人と夜の街でたまたま遭遇することもあったであろう、とは想像できる。
 しかし、取材では異なる意見を聞くことができた。
「会見では半グレに無理矢理写真を撮られたような言い分でしたが、そうは見えなかった。むしろ宮迫さんに気を使っていたのは野口らのグループに見えましたよね。乾杯するときには新しいシャンパンも注文していましたからね」(キャバクラ店関係者)
 周囲からは親しそうに見えた記念撮影のシーン。はたして真実はどちらにあるのか。


https://bunshun.jp/articles/-/12948

週刊文春での報道では記念撮影に応じただけの様子ではないような証言が出てきています。

会見時では正直に謝罪している様子があり、真相はわかりません。キャバクラ店関係者というのも信ぴょう性の判断がつきにくいので、この辺りがどうなっていくのかは非常に興味があります。ただ、今回のフライデーの報道はデマだったという証言も出てきています。


「この場所ウチの店やしキャバクラだからギャラ飲みでもないし。宮迫さん本人が言うようにこれトイレ出てすぐのとこやから本当に『写メ撮ってください!』って頼まれたんやと思う。本当に芸能人と一緒に飲んでる人はこの場所で撮らない。席で撮ってる」 

このように写真を撮影したのはトイレ前だったという。また別の女性は次のように述べる。 
「うちこんとき宮迫さんの席についてたし。宮迫さんただ写メとってください頼まれててとっただけなのにみんな勘違いしすぎなんよな」 

現在は削除されていますが、ツイッターでこのようなお店の方の証言も出てきています。

この方が口裏をあわせているのか、それとも本当のことを言っているのかはわかりません。

また、その後たくさんの芸人さんたちのリークが出てきていました。

その中でも驚いたキンボシの西田さんのコメントがありました。

キンボシの西田淳裕のギャラ1円の仕事内容は


お笑いコンビ「キンボシ」の西田淳裕(31)が23日までに自身のツイッターを更新。出演料が「1円」の明細書を公開し、反響を呼んでいる。

 吉本興業の岡本昭彦社長(52)が22日に開いた会見の中でギャラの配分がざっくりとした平均値で「5:5」もしくは「6:4」と語っていた。

 西田は出演料に「1円」と明記された明細書の画像をアップし、「2円のうち1円入れてくれてたと思ったら許せるけれども」とツイートした。続けて「すいません、勘違いしてる人多いのですが、月給が1円じゃなくて、何かの一回の仕事のギャラが1円ってだけです」と追記した。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000106-sph-ent

この様な報道に対して、世間では、大崎会長がインタビューでの、客呼べない若手芸人が、250円のギャラでも、もらえるだけ良い、舞台で経験も積める、という主張はわかる。
自分の力で興業は打てないし、集客力がない半人前だから。

しかし、ある程度芸歴重ね、グッズ販売とか集客もできる芸人が、ライブやってギャラ2000円は、明らかにおかしいよ。 という声もあれば

面白くない奴には金払えないって意見あるけど、そもそも劇場に出ても金払えないと思うような人を契約書無しとは言え事務所に入れるのが間違いでしょ…。

事務所に入れてるから夢を捨てきれないで生活苦のままな人もいるはず。6000人をせめて1000〜600人にして最低限の給料保証、行き届いた管理をして取り分も本当に6:4にしたほうがクリーンになるよ。
メディアを使って会社批判しまくる芸人さんたちへの不快感はわからなくもないし、「よその会社でもあるある事案でしょ」も理解はするけど理解するからこそ本当に会社を変えるなら第三者の目が向くことと多方から声が上がる事が一番の強みなんだろなと…。


反社がとか嘘がとかから論点がズレつつあるけど今までテコでも動かなかった会社を少しひっくり返せそうなチャンスが来たから必死なんだと思う。


実際健全な会社運営には見えないから少しでもホワイト化するならそれはそれでよいのでは?

という声も共感を示していました。

今回の西田さんの1円ギャラの仕事は何かは出てきていませんが、1円て仕事じゃないですよね。最低保証をしないから今回のような事件が起きてしまうきっかけになるのかもしれませんね。

加藤浩次さんがスッキリで大崎洋との会談を発表?内容は


経営陣が刷新されなければ、「吉本を辞める」と明言し、動向が注目を集める「極楽とんぼ」加藤浩次(50)が23日夜、東京・新宿の吉本興業本部で同社の大崎洋会長と数時間にわたり会談した。午後9時47分、帰宅した加藤は、報道陣から「明日、番組(スッキリ)で話しますか?」と聞かれ、「はい」とうなずいた。ほかにコメントはしなかった。


 加藤は午後5時50分ごろ、1人で吉本に到着。テレビカメラ含め、報道陣約100人が待ち構える中、タクシーを降りた。青いスーツ姿に革靴で、タクシーを降り、報道陣の方を一瞬見やり、会釈。険しい表情で社内に向かった。

 帰宅したのは午後9時47分。自宅前で待ち構えた報道陣の姿を見て一瞬、クスッと笑ったようにも見えた。タクシーを降りると、「明日、番組で話しますか?」と繰り返される質問に「はい」と覚悟を決めた表情でうなずき、自宅に入った。大崎会長と約3時間の話し合いが持たれたと思われる。

 加藤は22日、日本テレビ系「スッキリ」で、経営陣が変わらなければ「吉本を辞める」と表明。岡本社長の会見から一夜明けた23日の同番組でも、この日夕方に大崎会長と会談することを明かした上で、「『取締役が変わらない限り会社辞める』って昨日(のテレビでも)言ったんで、その旨、伝えようと思ってます」と重ねて、経営陣に退任を迫る覚悟を表明していた。

 また、「僕が芸能界でどうなるかはそれから」「僕は気持ちとして決まってるんで」とも語っていた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000148-dal-ent

今回の加藤さんに動きに対して世間では、加藤さんは今の吉本の体制に不満があったんですね。今回の件がきっかけになっただけで。情報番組で常に自分の意見を述べられていて、共感できることが多くとても信頼できます。例え所属事務所が変わっても、今の出演番組は変わらず、引き続き頑張ってほしいと応援しています。加藤の乱は上手く行くでしょう。明日のスッキリは注目度が高いですね。 という声や

個人的にだけど こういうタイミングを逃さない やる時にはなりふり構わずって姿勢は嫌いじゃない。
加藤浩次なりに勝負のタイミングはここと見切ったんだろうな それが個人的な勝負事ならそしりもあるだろうが 彼なりの会社愛や周りの人間の為の争いだから やればいいと思う。
SNSやブログでこっそりバッシングするだけよりはマシだよ。

という声も出ていました。

加藤さんが大崎会長との会談が終わり、スッキリで内容を話すとのことです。

どのような内容なのでしょうか。引退やフリーになるのでしょうか。気になるところです。

不審に感じている芸人さんたちのコメントも多く出てきているので、まさに膿が出てきているのかもしれませんね。

ここまで大きな問題になってしまったら、膿を全て出し切って再スタートするくらいのほうがいいのかもしれません。

世間の反応や声は