オリンピック

玉井陸斗(たまいりくと)男子飛び込み日本一のインスタ画像やプロフィールと小中学校や東京五輪の日本選手団最年少選手の可能性も

玉井陸斗(たまいりくと)男子飛び込み日本一のインスタ画像やプロフィールと小中学校や東京五輪の日本選手団最年少選手の可能性も

東京オリンピック(五輪)の超新星だ。男子高飛び込みで、中学1年生の玉井陸斗(12=JSS宝塚)が474・25点で初優勝した。回転の速さを武器に、高難度の技を連発。2位に60点以上の大差をつけシニアデビューV。

日本水連によると12歳7カ月での優勝は、94年に13歳、中学2年生で日本選手権を制した寺内健(38)を上回る飛び込みの国内主要大会で史上最年少での優勝となった。

玉井は日本水泳連盟が定める派遣選考基準を突破したが、国際水泳連盟による年齢制限(12月31日時点で14歳以上)により、世界選手権への派遣は見送られる。

そんな末恐ろしい玉井陸斗を詳細をまとめました。

世界レベルの種目構成。前宙返り4回転半抱え型(109C)もこなす12才の映像

前宙返り4回転半抱え型(109C)という世界トップクラスの技ということもあり、日本一に輝きました。

同じJSS宝塚で練習する五輪5大会出場の寺内も「(世界最強の)中国人選手を倒せる。同年代でこの難度を、このクオリティーでできる選手は世界にいない。初めて高飛びで世界チャンピオンを目指せる選手」と太鼓判を押すほどの評価をする人材なのですね。それもそのはずで、玉井陸斗は3才から

競泳を行うほどのキャリアの持ち主だったのです。

玉井陸斗の経歴や小中学校は?

玉井陸斗(たまいりくと)男子飛び込み日本一のインスタ画像やプロフィールと小中学校や東京五輪の日本選手団最年少選手の可能性も

JSS宝塚スイミングスクールに所属し練習に励んでいるようですね。
競泳プールはもちろん、飛び込みプールも併設されているようです

ちなみに一日の平均練習時間は、5時間というもの凄い練習量

それは日本一になりますよね!

東京オリンピックに出場するには?

日本一といえどお、オリンピックに出場するにはちゃんと条件があるようです。

日本水連は(1)世界選手権で12位以内(2)9月のアジアカップ(マレーシア)で優勝(3)20年4月のワールドカップ東京大会で18位以内、を五輪代表選考の基準としている。玉井は12歳で迎える(1)は国際水連の年齢制限のために出場できない。ただし(2)は日本代表入りが確実で出場可能。そこで優勝を逃しても、20年2月の代表選考会を勝ち抜き(3)で18位以内に入れば東京五輪に出場できる。

国際水練の年齢制限のため、世界選手権は出場できないようです。

ワールドカップ東京大会で18位以内になれば東京オリンピックの出場権が得られるとの事ですが、恐らく余裕で通過してしまいそうですよね。

玉井陸斗のFACEBOOKやインスタ画像や映像など

FACEBOOKは出てきませんでした。また、玉井陸斗で色々検索してもまだ認知は低いようです。

このままオリンピックに出場したら、一気に大注目選手になりそうですよね。

今後の飛び込み界をひっぱっていく人材になって行きそうですよね。

シックスパックになるほど筋肉がすごい!

玉井陸斗(たまいりくと)男子飛び込み日本一のインスタ画像やプロフィールと小中学校や東京五輪の日本選手団最年少選手の可能性も

腹筋がシックパットになるくらい筋肉がものすごいです!

普段から基礎体力のためのトレーニングはもちろん、水泳など、体に負担がかかる水の中に一日5時間も練習しているから出来上がった賜物なのかもしれないですね。

世間の反応や声は

玉井陸斗(たまいりくと)のまとめ

東京オリンピック(五輪)の超新星だ。男子高飛び込みで、中学1年生の玉井陸斗(12=JSS宝塚)が474・25点で初優勝した。回転の速さを武器に、高難度の技を連発。2位に60点以上の大差をつけシニアデビューV。

日本水連によると12歳7カ月での優勝は、94年に13歳、中学2年生で日本選手権を制した寺内健(38)を上回る飛び込みの国内主要大会で史上最年少での優勝となった。

年齢制限のため、世界選手権には出場できなけど20年2月の代表選考会を勝ち抜き(3)で18位以内に入れば東京五輪に出場できるとのことでした。

今後の飛び込み種目の歴史を変える可能性のある玉井陸斗。

今度の代表戦は目が離せません。