アーティスト

高城靖雄(たかじょうやすお)じゃなく、塩谷信廣が伯方(はかた)の塩の初代声優で二人の経歴、学歴写真など

高城靖雄(たかじょうやすお)じゃなく、塩谷信廣が伯方の塩の初代声優で二人の経歴、学歴写真など

「は・か・た・の・しお!!!」のCMで知られる伯方塩業(愛媛県)が始めた、「伯方の塩」ウェブ広告限定の「二代目声優オーディション」が大きな話題になっている。

その企画を紹介する記事で、「初代が誰なのかわかる人がもう社内にいない」という担当者の言葉をそのまま掲載したところ、ネット上ではかなり確度の高そうな名前があちこちで飛び交う事態に。名前を挙げられていたうちの1人、演歌歌手の高城靖雄さんと連絡を取ることができたという話題がありましたが、なんと「初代」の塩谷信廣さんがお父さんの友達というつわものがでてきました

なんとも、知っている人はしっていたのですね。ネット界ではさわぎになっていましたので、高城靖雄(たかじょうやすお)さんも含め、塩谷信廣さんの詳細をまとめました。

スペシャルバージョンで採用された高城靖雄(たかじょうやすお)さんの経緯とプロフィール

高城靖雄(たかじょうやすお)じゃなく、塩谷信廣が伯方の塩の初代声優で二人の経歴、学歴写真など

1996年に伯方の塩のイメージキャラクターとなっていましたが、以前の1995年には「クール宅急便」のCMで吉幾三と競演するなど、他でも活躍をされている方です。


「は・か・た・の・しお!!!」のCMで知られる伯方塩業(愛媛県)が始めた、「伯方の塩」ウェブ広告限定の「二代目声優オーディション」が大きな話題になっている。

その企画を紹介する記事で、「初代が誰なのかわかる人がもう社内にいない」という担当者の言葉をそのまま掲載したところ、ネット上ではかなり確度の高そうな名前があちこちで飛び交う事態に。名前を挙げられていたうちの1人、演歌歌手の高城靖雄さんと連絡を取ることができた。



 「いやあ驚きました。大変なことになっている、ネットで私の名前がガンガン出ている、と息子に教えられたのが最初でした。メールや電話もいっぱい来ましたよ」

 高城さんは低い美声でそう言うと、愉快そうに笑った。1981年、森昌子さんのコンサートのゲスト歌手として活動を開始。87年に「日本海’88」でメジャーデビューした。

現在もディナーショーやイベントなどで活躍しているほか、5月1日には息子である新浜レオンさんが歌謡歌手としてデビューしたばかりだ。

 高城さんと伯方の塩のCMとのかかわりは、1996年から7年間ほど。CM自体は87年から流れていたため、高城さんはいわゆる「初代」ではなく、「スペシャルバージョンのイメージキャラクター」として出演した。その間、「は・か・た・の・しお!!!」の声も高城さんのものに差し替えられていたという。イメージソングとして使われた「男龍(おとこりゅう)」には、「は・か・た・の・しお!!!」を思わせる「お・と・こ・の・あせ!!!」というフレーズが盛り込まれている。

 「今回の件で、私のことを『初代』だと認識してくださっている方がこんなにもたくさんいらっしゃるのかと驚くと同時に、とても光栄に思いました。私に何の連絡もなく、二代目声優オーディションを始めたことに気分を害したかって?いえ、とんでもありません。令和の新時代にふさわしい新しいバージョンがあってもいいと常々思っていたので、とても前向きに受け止めていますよ」

 ちなみに高城さんは、「演歌歌手」ならぬ「旅する塩歌人(えんかびと)」を名乗るなど、塩に対しては並々ならぬ愛情を持つ。塩を混ぜた風呂に入る健康法も実践しているためか、風邪知らずという高城さん。「私の人生、振り返ったら塩だらけ」

引用:デイリースポーツ

塩谷信廣さんのプロフィール


ちなみに作曲は同大学のヴォーカル講師の浦田博信先生という方との事です。

依頼した会社は確かに企業なので、人の入れ替わりや当時を知る人が段々と減っていってるのかもしれませんが、依頼を受けた方や周辺の方たちは結構、結構知られていた。ということだったのかもしれないですね。

世間の反応や声は