未分類

サンデーモーニングで放送事故?ピーと電子音(テストトーン)がなりやまずもそのまま放映

サンデーモーニングで放送事故?ピーと電子音(テストトーン)がなりやまずもそのまま放映

サンデーモーニングで放送事故が起きたようです。見ていた人は結構居たかもしれないですので朝から耳障りだと思った人もいたかもしれません。世間で話題となっていましたので、詳細や感想などをまとめました。

サンデーモーニングで放送事故。電子音がスタジオにもそのまま流れているが放映

ピーと言う電子音が聞こえてますが、スタジオにいる人たちも聞こえていたみたいですね。

関口宏さんも心配してこのまま進めていいか聞いてました。

テストトーンとは何?1khzの音が漏れた


放送


放送においては局舎内のレベル規正信号として映像のカラーバーなどとともに1kHz0VUの信号音を用いて基準レベルとし、機器の入出力レベルなどを調整する。番組交換基準によりプログラムが記録されたテープの冒頭には規定の長さのテストトーンが記録される。

スピーカーを通すと「ポー」、あるいは「ピー」という音で聞こえる。周波数上あるいは聴感上、平均律ではロの音(ハ長調のシ)が一番近い。

業界では「1KHzの正弦波」または単に「1K(ワンケー、いちケー)」と呼ばれる。また、この音を自主規制音としてしばし使われる事から俗に「ピー音」とも呼ばれる。
テストトーンが終了するとカラーバーにBGMを流す放送局もある。

何かの間違いでテストトーンが紛れてきたみたいですね。

生放送なのでしょうがないでしょうけど、ちょっと耳障りだったので、今後は気をつけていただきたいですね。