事故

横浜シーサイドラインの逆走の理由はサーバー攻撃が理由?ブレーキ指令系統の故障で25m戻り衝突15人重軽傷の真相は?

横浜シーサイドラインの逆走の理由はサーバー攻撃が理由?ブレーキ指令系統の故障で25m戻り衝突15人重軽傷の真相は?

最近聞かなくなった海外の自動運転の事故ですが、日本国内でおきてしまいました。

1日午後8時15分ごろ、横浜市南部を走る新交通システム「シーサイドライン」新杉田駅(同市磯子区)で、列車が約25メートル逆走し、車止めにぶつかったとのことで、世間で話題となっていましたので詳細をまとめました。

シーサイドラインが25メートル逆走して車止めに衝突

横浜シーサイドラインの逆走の理由はサーバー攻撃が理由?ブレーキ指令系統の故障で25m戻り衝突15人重軽傷の真相は?


1日午後8時15分ごろ、横浜市南部を走る新交通システム「シーサイドライン」新杉田駅(同市磯子区)で、列車が約25メートル逆走し、車止めにぶつかった。原因は不明。神奈川県警によると、15人がけがをし、そのうち3人が骨折などの重傷。命に別条はないという。

 運営会社の横浜シーサイドラインによると、列車は新杉田発並木中央行きで、5両編成。乗客は50人以上いたとみられる。ドアが閉まった後に、逆走したという。

 前から2両目に乗っていた横浜市金沢区の会社員青木健一さん(46)は「列車が動き出した数秒後に、ものすごい衝撃で止まった。前の車両には血だらけで倒れている人がいて、後ろの車両には顔から血を流している人もいた。子どもの泣き声が聞こえ、パニック状態だった」と話した。

 青木さんも衝撃で腕と足をポールにぶつけ、痛みがあるという。衝突から5分ほど車両から出られなかったという。その後、先頭車両から外に出られるとの車内放送が流れ、車外に出られたという。

 シーサイドラインは、1989年開業。新杉田駅と金沢八景駅(横浜市金沢区)の約11キロを結ぶ新交通システムで、運転士のいない完全自動運転が特徴だ。沿線には、横浜・八景島シーパラダイスや横浜市立大付属病院がある。

 営業中の自動運転の列車による事故では、大阪市交通局(現大阪メトロ)のニュートラム南港ポートタウン線で1993年10月、住之江公園駅に進入した列車(4両編成)が減速せずに60メートル暴走し、車止めに衝突。乗客約210人が負傷した例がある。

 大阪市交通局の事故調査委員会がまとめた最終報告では「ブレーキ指令系統の極めてまれな一時的障害」と推定したが、事故原因は特定できなかった。運輸省(当時)は事故後、市交通局に運行停止を命令。運行再開は1カ月半後だった。事故を受け、市交通局は運行状況を確認する「添乗員」を約6年にわたって運転席に乗せ、乗客の不安解消を図った。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000066-asahi-soci

原因が不明とのことと言いながらブレーキ系統の一時的障害と推定しています。

要ははっきりした原因がわかっていないけど、それが理由かな?程度の推測だと思います。

普段から乗客を何人も乗せている交通機関でこの様な事故が起きてしまうので、今後も心配になって行きます。

ネット界隈ではサイバー攻撃か。との噂も出ています。

シーサイドラインの逆走はサイバー攻撃か?
ブレーキ指令系統の極めてまれな一時的障害か配線ミスやプログラムの不具合との声も

横浜シーサイドラインの逆走の理由はサーバー攻撃が理由?ブレーキ指令系統の故障で25m戻り衝突15人重軽傷の真相は?

真相は分りませんが、無人と言うことは車内のプログラムで自動、それを監視して手動で制御も出来るようにして動いていると思われます。

完全に無人で手動で制御できない事はしないと思います。

今回は25メートル逆そうして車止めに衝突したとの事ですが、誤作動を起こしたときに監視していた人がいるなら、その方の責任も出てくると思われます。

ひょっとすると、監視して非常停止などを押したにもかかわらず、停まらなかった。サイバー攻撃などをうけて操作が不能になっていたから。と言うような推測も出来ます。

真相が出て着次第追記していきたいと思います。

世間の反応や声は