事故

桜井学容疑者(43)と築地伸夫さん(67)の経歴や顔画像は東京町田市で酒気帯び運転でワゴン車に突っ込んで男性死亡の事故現場をGoogle地図で確認

飲酒運転での運転は本当に危険ですし、罰則もかなりの物なのですが、それでも飲酒運転の事故が後を絶たないので困ったものです。今回も東京町田市で 2日午前5時ごろ、東京・町田市で、停車中のワゴン車に車が突っ込み、ワゴン車に荷物を積んでいた男性が死亡した事件がありました。

運転手は桜井学容疑者との事で、詳細をまとめました。

酒気帯び運転でワゴン車に突っ込み男性が亡くなる事故

桜井学容疑者(43)と築地伸夫さん(67)の経歴や顔画像は東京町田市で酒気帯び運転でワゴン車に突っ込んで男性死亡の事故現場をGoogle地図で確認


飲酒運転の車がワゴン車に突っ込み、67歳の男性が死亡した。

2日午前5時ごろ、東京・町田市で、停車中のワゴン車に車が突っ込み、ワゴン車に荷物を積んでいた男性が死亡した。

車を運転していた桜井学容疑者(43)は、酒気帯び運転などの現行犯で逮捕され、当時、飲酒してから4時間後に車で帰宅途中だったという。

築地伸夫さん(67)はゴルフバックを積んでいる最中に佐藤学容疑者の車が突っ込んできたとの事です。

停まっていた車に突っ込むくらい判断が出来ないほど、お酒を飲んでいたのでしょうか。

となると、相当車もスピードが出ていたと思われます。

飲酒運転であいても亡くなったというのも、今後は非常に重たい罰が科せられると思われます。

櫻井学の顔画像特定BMWを乗った美容師経営者?

美容室を経営してるとの事です。

車がBMWとは、結構稼いでたのでしょうか。店舗名は出てきてないですが、詳細がわかればついきします

ビールと焼酎を3杯を飲んだとは、とても4時間ではアルコールは抜けないですよね。

お酒が体から抜ける時間はどれくらい?

一般的には個人の状態もありますが、ビールジョッキ1杯350~450ml程で4時間半は身体からアルコールが抜けないと言われています。

それも、個人の具合によって違いますので、その後、水分を取らなかったり、すぐに寝るなどの行為を行えば、当然体からアルコールは抜けない格好になります。

また、肝臓がアルコールを分解してくれるので、その人の調子やアルコールとの相性にも分解速度がかなり違います。

よく、隠れ飲酒運転とも言われますが、二日酔いなどの場合で運転されても当然、アルコール反応がでますし、非常に危険です。

お酒を飲んだらその日は飲まない、翌朝は運転しないくらいの注意は必要になってきます。

桜井学容疑者(43)と築地伸夫さん(67)経歴や顔画像と事故現場をGoogle地図で確認

桜井学容疑者(43)と築地伸夫さん(67)の経歴や顔画像は東京町田市で酒気帯び運転でワゴン車に突っ込んで男性死亡の事故現場をGoogle地図で確認

事故現場のはどこかGoogleマップで確認

現在出ている情報が東京町田との事ですので、Googleマップで確認しました。

映像を見るあたりと、車が止まっていたところに突っ込んだとの事なので、あたりは商店街でしょうか?詳細が出てき次第追記していきたいと思います。

桜井学容疑者の経歴と顔画像は?

名前  桜井学

年齢  43才

職業  美容師経営者

容疑  酒気帯び運転

FACEBOOKで桜井学容疑者を確認しましたが、同姓同名は出てきましたが、本人かどうかの確証はできませんでした。顔画像も残念ながら特定できませんでした。

FACEBOOKのリンクを貼りましたので、興味がある方はご確認頂ければと思います。

https://www.facebook.com/search/top/?q=%E6%A1%9C%E4%BA%95%E5%AD%A6&epa=SEARCH_BOX

また、築地伸夫さん(67)の詳細を確認しましたが、画像などの詳細は出てきませんでした。

世間の反応や声は




免許証の認証とアルコールチェックの認証を行わないとエンジンが掛からないようにする。専門家に聞くと技術的には割と簡単らしい。もしそれを不正に突破して運転するようであるならば、悪質としてうむを言わせずに危険運転致死傷を適用すればいい。ただ、それにはメーカー側から相当な反発があると思われるので、よっぽど社会的な追い風がない限…もっと見るり無理だろうな。ただ、最近になって取り調べの可視化も社会的追い風に後押しされて実現された。すべてを録画録音しなければならなくなった。なので、実現は案外可能なのかもしれない。

・アルコール検査を突破しないと乗車できないようなシステムにするしかないし、できるんじゃないの?

・「渡らぬ先の杖」相手を怪我させた、重大事故で死亡させた、自損事故で亡くなった・・・。余りにも悲しい事故が多いと思う。自分の状況をしっかり判断して、自分で事故を防ぎたい。安全装置も、自動装置も、罪を償ってはくれないよ。

・飲酒運転の事故は、たまたま飲んで運転したのではなく、常に飲酒運転をしていて、(運転手曰く運が悪かった)事故につながっている。
だからいくら規制しても、飲酒運転は無くならない。
死刑制度が犯罪を抑制していると考えたら、飲酒運転も抑制するほどの厳罰を与えなければならないと思う。
因果関係の殺人よりも、考え方では其れよりも罪の重い、何の罪のない人が被害に遇うのだから。