スポーツ選手

折茂武彦(おりもたけひこ)のバスケット経歴やレバンガ北海道での実績は?

折茂武彦(おりもたけひこ)のバスケット経歴やレバンガ北海道での実績は?

バスケットボール男子Bリーグの北海道は20日、現役最年長で49歳の折茂武彦と来季も契約することで合意したと発表した。

49歳でも現役を貫けるのはすごいですね。

バスケットと言えば相当体力を消耗するスポーツですが、体力的にもピークは過ぎていると思います。それども契約をするのはすごいと思います。

その折茂武彦さんの詳細をまとめました。

3P(スリーポイント)は世界一と称される経歴やプロフィール

折茂武彦(おりもたけひこ)のバスケット経歴やレバンガ北海道での実績は?

 折茂は埼玉栄高から日大を経て1993年にトヨタ自動車(現A東京)に入団。日本代表でもプレーし、2007年に北海道へ移籍した。

ポジションSG(シューティングガード)
背番号9
身長190cm (6 ft 3 in)
体重77kg (170 lb)
血液型A型
本名折茂武彦
愛称オリモ
ラテン文字Takehiko Orimo
誕生日
1970年5月14日(49歳)
 日本
出身地埼玉県上尾市
出身埼玉栄高校
日本大学
https://twitter.com/levangakousiki/status/1130311888896528384

レバンガ北海道の選手権代表も勤める

もともとは2007年からトヨタ出資の「レラカムイ北海道」で活躍をしていたのですが、

2011年、チーム運営会社のJBLからの除名処分や東日本大震災で候補となった新規運営会社が撤退した事を受けて自らが一般社団法人を設立、同時に新チーム、レバンガ北海道を創設。理事長に就任し国内プロ団体球技では異例の選手兼代表となった。

たとえて言うと、漫画「スラムダンク」の翔陽高校の選手権監督の藤真健司みたいなもんです。

それでいて、実力は折り紙つきなのです。

2017年11月4日、対琉球ゴールデンキングス戦(沖縄県宜野湾市・宜野湾市立体育館)において3ポイントシュート国内トップリーグ通算成功数1000本を達成

2019年1月5日、B1リーグ第18節第2戦の対シーホース三河戦(愛知県刈谷市・ウィングアリーナ刈谷)において国内トップリーグ日本人選手初の通算10000得点を達成。

選手期間もどんどん更新していくのでしょうか?

これからの折茂武彦の活躍が楽しみですね。

世間やネットの反応や声は

https://twitter.com/KlONNINOMI/status/1130459723227025410
https://twitter.com/Ramchan0811/status/1130450800264732672
https://twitter.com/JLebabon/status/1130449438114164737

折茂武彦(おりもたけひこ)のバスケット経歴やレバンガ北海道での実績は?

バスケットボール男子Bリーグの北海道は20日、現役最年長で49歳の折茂武彦と来季も契約することで合意したと発表した。

2011年、チーム運営会社のJBLからの除名処分や東日本大震災で候補となった新規運営会社が撤退した事を受けて自らが一般社団法人を設立、同時に新チーム、レバンガ北海道を創設。理事長に就任し国内プロ団体球技では異例の選手兼代表となった。

2019年1月5日、B1リーグ第18節第2戦の対シーホース三河戦(愛知県刈谷市・ウィングアリーナ刈谷)において国内トップリーグ日本人選手初の通算10000得点を達成。