事件

小川謙一容疑者の顔画像は?広島市佐伯区城山の佐伯警察署前で飲酒運転で尾崎澄子さんを撥ねて亡くす交通事故で逮捕

小川謙一容疑者の顔画像は?広島市佐伯区城山の佐伯警察署前で飲酒運転で尾崎澄子さんを撥ねて亡くす交通事故で逮捕

16日夜、佐伯警察署前の道路で高齢女性が飲酒運転とみられる車にはねられ、死亡しました。

16日午後8時25分ごろ、広島市佐伯区城山の市道で信号のない横断歩道を渡っていた尾崎澄子さん(91)がワンボックスバンにはねられ死亡しました。警察は車を運転していた小川謙一容疑者(50)から基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕しました。小川容疑者は調べに対し「事故をしたことは間違いない、酒はもう抜けていると思っていた」と話しているということです

今回の事件の詳細をまとめました。

広島市佐伯区城山の佐伯警察署前で飲酒運転で尾崎さんを撥ねて死亡で小川謙一が逮捕の事件

小川謙一容疑者の顔画像は?広島市佐伯区城山の佐伯警察署前で飲酒運転で尾崎澄子さんを撥ねて亡くす交通事故で逮捕


16日夜、佐伯警察署前の道路で高齢女性が飲酒運転とみられる車にはねられ、死亡しました。

16日午後8時25分ごろ、広島市佐伯区城山の市道で信号のない横断歩道を渡っていた尾崎澄子さん(91)がワンボックスバンにはねられ死亡しました。
警察は車を運転していた小川謙一容疑者(50)から基準値を超えるアルコールが検出されたため、酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕しました。

現場は見通しの良い片側一車線の道路で警察は、飲酒の経緯など事故の詳しい原因を調べています。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00010003-hometvv-l34

いまだに飲酒運転をする人がいるんだなと驚きました。そして、信号のない横断歩道を歩いてるところを撥ねてしまう上に警察署の前というから、すぐ逮捕ですね。

というのも、横断歩道がないところは意外と止まってくれない運転者が多いようにも思えます。

しかも夜なら普通の運転者でも特に気を付けなければいけない場所です。

その今回事件が起きた住所は〒731-5156 広島県広島市佐伯区倉重1丁目26−1ということでしたので、場所はどこか確認しました。

広島県広島市佐伯区倉重1丁目の佐伯警察署前の交通事故の場所はどこ確認。

小川謙一容疑者の顔画像は?広島市佐伯区城山の佐伯警察署前で飲酒運転で尾崎澄子さんを撥ねて亡くす交通事故で逮捕

ストリートビューで左側を見ていただければわかりますが、向かえ側に警察署があります。

片側一車線の細い道路だったので、ここなら飲酒運転でも警察にばれないと思ったのでしょうか。

その小川謙一容疑者の経歴とプロフィールをまとめました。

小川謙一容疑者の経歴とプロフィールは

小川謙一容疑者の顔画像は?広島市佐伯区城山の佐伯警察署前で飲酒運転で尾崎澄子さんを撥ねて亡くす交通事故で逮捕

名前:小川謙一(おがわけんいち)容疑者

住所:佐伯区観音台

職業:自営業

年齢:50歳

乗っていた車:ワンボックスバン

容疑:酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕

尾崎澄子さん(91)が横断歩道を歩いているところを撥ねて亡くなる

小川謙一容疑者の自宅住所が佐伯区観音台ということでしたので、事件現場との距離関係を確認しました。

小川謙一容疑者の自宅住所は?佐伯区観音台から事件現場までの場所と距離を確認

車で、わずか3分くらいの場所に住んでいたと思われます。

あと少しのところで事故を起こしてしまう様な、事態を招くのが飲酒運転です。

小川健一の顔画像を確認しましたが、本人と思われる画像は残念ながら特定できませんでした。また、小川謙一はSNSの活動をしていたかどうかを調査しました。

小川謙一のFacebook・Twitter・インスタは

小川健一容疑者のSNSを確認しました。Facebookは同姓同名が複数名いたため、本人らしきアカウントは確認できませんでした。

またツイッターは本名のアカウントはなく、ほかの名前で登録しているかもしれません。今後も調査します。

インスタグラムでは同姓同名が複数アカウントがありました。ただ、小川謙一というインスタは鍵垢が多いため、特定はむつかしいかもしれません。

小川謙一容疑者の顔画像は

今回事件の犯人の寺本瞳容疑者と三浦聖さんの顔写真を調査しましたが、現段階は本人の画像等は特定できませんでした。

今後の報道で出てきしだい、追記したいと思います。

今回の報道で供述していた小川謙一容疑者の犯行の動機があまりにも残念でした。

小川謙一容疑者の犯行の動機がヤバい!

小川容疑者は調べに対し「事故をしたことは間違いない、酒はもう抜けていると思っていた」と話しているということです。

これ、飲酒運転をする人たちが口をそろえて言うセリフだと思います。

飲むなら乗るな。ですよね。

そもそも事件が起きた時間は午後の8時過ぎで抜けていると思った。というのは時間的にも普通に酔っぱらっていたように思えます。

事件の反省をしっかりしていただいて、今後はしばらく運転免許証がない生活で歩行者の気持ちを味わっていただければと思います。

世間の反応や声は

自分がしたことないからわからないが、基準値っていうのは実感としてどれくらい酔ってるものなんだろう?

50を越えた大の大人が自分が酔ってるか酔ってないか判断できないなんてことはないと思うんだが。

とにかく車は凶器であり、酔って運転するのは過失ではなく確信犯なのだから、飲酒運転で死亡事故を起こしたら扱いは殺人にしてほしい。


恐らく、この人は明らかにあかん状態だったと思うが、飲んでから何時間でOKか悩む時ある
一晩でも抜けないことあるらしいし
自前アルコールチェッカー買おかな

自分が飲んだ量がわからないのでしょう12時間位は、アルコールが抜けないのわからないのかな?