事件

尾田麻綾容疑者の顔画像特定と経歴や佐久市中込で自分で出産と胎盤が付いたまま遺棄の理由と真相は

2日朝、長野県佐久市にあるアパートの敷地内でビニール袋などに入った乳児とみられる遺体が見つかった件で佐久市中込の自称・無職尾田麻綾容疑者32歳が昨夜11時過ぎ、自宅のアパートで任意同行を求められ、事情を聴かれていました。生まれて間もない赤ちゃんをビニール袋に入れて植え込みの中に投げたという、あまりにも残酷な事件がありましたので、詳細をまとめました。

長野県佐久市中込医療センター近くアパートで死体遺棄の容疑で逮捕

尾田麻綾容疑者の顔画像特定と経歴や佐久市中込で自分で出産と胎盤が付いたまま遺棄の理由と真相は


佐久市のアパートでおととい、ビニール袋に入った男の赤ちゃんの遺体が見つかった事件で、警察はけさ、このアパートに住む32歳の女を逮捕しました。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは佐久市中込の自称・無職尾田麻綾容疑者32歳で、昨夜11時過ぎ、自宅のアパートで任意同行を求められ、事情を聴かれていました。
警察の調べによりますと、尾田容疑者は、先月31日の午後8時頃、自宅アパートの植え込みに男の赤ちゃんの遺体を捨てた疑いが持たれています。
赤ちゃんはおととい朝、ビニール袋に入れられた状態で見つかり、死後、数日経っていたと見られています。
警察は尾田容疑者の認否を明らかにしていません。
けさ、アパートの植え込みには、赤ちゃんを悼む新しい花が手向けられていました。
近所の人は、「悲しい、本当にショックでした」、「もう少し違う方法があったのではないかと思う、他に頼れる人がいれば良かった」と話していました。
警察は赤ちゃんの母親は尾田容疑者の可能性があると見て、死亡した経緯や動機などを調べています。

https://twitter.com/naganoNTK/status/1135745021766819840

これはまだ確定ではないですが、容疑の疑いで逮捕との事ですね。恐らくはこのアパートに住んでいる女性がこの尾田麻綾容疑者だけだったのか、若しくは聞き込みや周囲の防犯カメラなどで、この容疑者が出産前に大きなお腹で歩いている所を目撃したのか、それなりの証拠をもって任意同行に進まれたと思われます。

尾田麻綾(おだまあや)の顔画像と経歴は

尾田麻綾容疑者の顔画像特定と経歴や佐久市中込で自分で出産と胎盤が付いたまま遺棄の理由と真相は

名前 尾田麻綾(おだまあや)

住所 長野県佐久市中込(佐久郵便局裏)

職業 無職

年齢 32歳

容疑 死体遺棄の疑い

SNS等で尾田麻綾容疑者が使用しているかどうかを調べましたが、何か所からか同姓同名と同名のアカウントが出てきました。しかし、SNSの活動をしていないようなアカウントだったため、本人かどうかの特定はできませんでした。

乳児は自分で出産した?

尾田麻綾はまだ容疑の確定では無いですが、乳児が植え込みに中に置かれていた際に、胎盤が付いている状態だったとの事です。

そもそも病院で出産や助産師などに出産をお願いした場合は出産時は胎盤を切ると思われます。

尾田麻綾容疑者が出産したかどうかはこれから確定されるので、現段階はわかりませんが、乳児が病院等で出産されてはいないのは確かだと思います。

なぜ遺棄をしたのか理由と真相は

これは完全な推測になってしまうので、今回の事件に当てはめた話にはなりませんが、よく自分で出産する際の順序をわからないで出産される事件が良く見ます。

たまにトイレで出産する。などの事件も見ます。

そもそも乳児の出産は息をしていないことはよくあります。

呼吸が開始したけど赤ちゃんが羊水がのどに詰まって息をしてない。などもよく聞きますし、それが長時間続くとチアノーゼになり、脳マヒなども起こすなど、自分で出産する行為は非常に危険なのです。

素人判断で乳児が息をしていないので死んだと思っていた。などの判断も起こり得る可能性は非常にありえます。

今回の遺棄の真相はわかりませんが、胎盤が付いたままで遺棄をされているのも。出産の事故があったのでしょうか。

出産前後は病院へ連絡するなどの対応が無かったとも思われるので、あまりにも非道な行為だとおもいます。

乳児遺棄をされた佐久市中込アパートを地図でどこか確認

場所は佐久郵便局の裏のアパートとの事です。

近くに「JA長野厚生連・佐久総合病院・佐久医療センター」があります。こちらは産科がある病院です。この乳児が産科に通われていたのかは定かではないですが、このアパートで出産手前までそだっていたならすぐ近くに病院もあって、破水したとしてもすぐにかけつけれたでしょうし、入院できたのかもしれませんよね。

世間の反応や声は