仏事

お盆はいつから?期間や意味、お供えの悩みなどをスッキリ解説

お盆

毎年、お盆になるとテレビで高速道路も大渋滞になり、帰省ラッシュで交通網も賑やかになります。

実家へ帰る方もいれば、その時期に旅行に行かれる方もいらっしゃるかと思います。

そんな、大事な連休として使えるお盆ですが、そもそもお盆とは何か?先祖が帰ってくるからお参りに行く。事くらいは知っているかと思いますが、大体の方はそれ位しかご存じないでしょう。詳しく解説していきます。

お盆はもともと7月だった?

お盆は盂蘭盆(うらぼん)と言われたのを簡略してお盆と呼ばれています。

その盂蘭盆(うらぼん)ですが、サンスクワリット語(昔のインド語)ではウランバナ:逆さ吊りとも言われています。

お盆に対して逆さ吊りの繋がりってどうかと思いますが、実は

目連様の教えに出来事から始まったという説があるのです。浄土宗のHPからに有力な内用がありました。


「盂蘭盆経」によりますと、お釈迦さまの十大弟子の一人で「神通第一」といわれる 目連(もくれん) さまが、ある日、亡くなった自分の母親のことを神通力を使って見ていると、なんと母親は餓鬼の世界に落ちて、苦しみにあえいでいました。びっくりした目連さまは、お釈迦さまのところへとんで行き、どうしたらよいかを相談しました。するとお釈迦さまは、「90日間の雨季の修行を終えた僧たちが7月15日に集まって 反省会を行うから、その人たちにごちそうをして、心から供養しなさい」とおっしゃり、そのとうりにすると、目連さまの母親は餓鬼の苦しみから救われました。
お釈迦さまはさらに「同じように、7月15日にいろいろな飲食を盆にもって、仏や僧や大勢の人たちに供養すれば、その功徳によって、多くのご先祖が苦しみから救われ、今生きている人も幸福を得ることができ よう」とお説きになりました。


https://jodo.or.jp/everyday/event/urabone/

もともとは7月15日が旧暦のお盆として扱われていましたのですね。

現在は8月13日から16日の前後に行われているのが一般的ですが、浄土宗などは今でも7月15日が教えとしていますので、地方によっては旧盆を行う所が残っています。

迎え火と送り火とは?

迎え火と送り火と言う風習があります。亡くなった先祖が帰って来れるような目印として、また送るために焚き火をする事をいいます。京都の五山送り火などは有名だと思います。

お供えするもの、落雁(らくがん)の意味って?

お盆時期に見かける花の形で色の付いた砂糖のかたまりを良く見かけませんか?

模様は色々ありますが、中でも蓮(はす)模様が一般的です。

あれは落雁(らくがん)といい、昔は貴重だった米や砂糖を使用して献上していた名残から始まりました。

いたみも少なく日持ちもするので、現在でも暑い時期のお盆でも販売されています。

なので、お盆だから落雁を買わなければいけないと言えばそうではないです。

彼岸とは?でも記載させていただきましたが、お供え物は なすやきゅうりに割りばしを刺した飾りなどの精霊馬(しょうりょううま)を除き、お参りの後は自身で食べてもらうのが決まりみたいな物なので、買いやすくて食べやすいものを買うのがいいでしょう。 

一般的にはフルーツや焼き菓子などが多いかと思いますので、予算とあわせて選ぶといいと思います。

また、お供えの花は忘れずに用意しましょう。墓地やお寺付近のコンビニなどにも販売している場所が多いです。

最後に

数少ない連休で使い方に迷ってしまうお盆休みですが、1日だけでもいいので、先祖に対して思いを伝えれる少ない機会でもあります。

時期はずれてしまいますが、近場に墓地やお寺がある方は前の週などに済ましてしまう方もいるみたいです。

最近お参りに行ってない方は今年はお参りにいってはいかがでしょうか?