仏事

数珠の意味とは。種類や選び方をスッキリ解説

数珠の意味や選び方

普段、お葬式やお参りをする時に持っていく数珠。

何気なく持って行き使用していますが、数珠を使う意味や持っていく理由を考えたことはありますか?

大事な時に忘れてしまい、近親者から借りることもあるかと思いますが知っていれば、数珠の大事さを知ってもらえると思います。

仏事に数珠を持っていく理由

知らない人も多いかと思いますが、数珠は多くの宗教の教えとして、108ヶの玉が付いています。

一般的には108ケの数珠が付いているなんて想像付かないと思いますが、長い数珠を二重にして拝んでいるい人がたまにみることがあるかと思われます。

これは人の煩悩を表す数字として、その108ケの煩悩が人には司っている考えから、その数だけ玉に念を送るためと言われています。

108ケの玉に自分の念を伝えれるためにお守りの効果も良く見る数珠より上がるともいわれています。

ぼくも納棺師だった頃に知ったのですが、田舎の地域で告別式の手伝いに行った時、

お経を読んでいる最中に人の頭ほどの大きさの108ケの玉が付いた数珠を会場全員で回して故人を送るなどの風習が残っていました。

今まで見てきた中では、日蓮正宗の方はこの108珠という数珠を持っている方が多かったです。その他の宗派でも、宗派にあった108珠は販売しています。

かといってよくみる片手に収まるような数珠に効果が無いとは言えなく、十分あるとも思います。

最近はこの略式数珠が宗派を問わず使うか事ができる利便性もある為に、数珠と言えば略式数珠の構図になりました。

数珠の種類は?石以外でも効果はあるの?

数珠は木で作られているものや天然石で作られた数珠があります。

木にも、石にも特有の意味が含まれているものが多くあり、例えば、木は屋久杉=厄過ぎと言われており、長生きや・厄よけ・繁栄・福よせ・開運などの意味もあり。

また、天然石は良く見る黒いオニキスは厄除けに強く、水晶は浄化作用があるなどり、また、パワーストーンなどの意味合いも多く、若い方はこちらを選ぶ事も多いようです。

石は念が入りやすいとも言われていますが、木にも精霊が宿るとも言われています。実際に木は生命活動をしながら育っていますしどちらも効果はあると思います。。

余談ですが、石を拾ってくると念を込められてる石もあるので、持ってこないほうがいい

とむかしから言い伝えでられています。それくらい、石は念が伝わりやすいものなのです。

数珠のブレスレットはお参りに効果があるのか?

当時のぼくはお参りの時には数珠を持っていませんでしたが、ブレスレットの数珠は常につけていました。種類は黒い天然石のオニキスです。

湯灌・納棺でいちいち数珠を取り出して故人にお参りするのは流れもよくなかったためです。

先ほど、石には念が伝わりやすいと言いましたが、ブレスレットの数珠を通して念をお参りしていましたので、ファッション目的では付けてはいません。家に帰った後と、プライベートの時間は外していました。

普段でもパワーストーンをブレスレットで付けている人はいるかと思いますが、それらを代用してお参りするのは全く意味が無いです。開運や普段からの魔除けをあやかる為に付けている石に数珠の役目にはならないのです。

あくまでも、お参りなどの念を伝えるために用意されたブレスレットにしてください。

最後に

数珠に念を込め、お参りする効果は本当だと思いますし、数珠は用意したほうがいいと思います。

ブレスレットの数珠などは比較的買いやすく、もっと言えば今では100均でも売っています。

かと言って、高級数珠と書かれているものもあり、非常に迷うかと思います。

これは余談として、またスピリチュアルな話になりますが、納棺師だったころ、手の空いたスタッフと世間話をしていました。108ケの数珠を持っている方ですが、ぼくの目の前でいきなりとりつかれてしまったのです。

ぼくは軽い霊なら追い出せる方法を業界に入って学べたのですぐに追い出すことが出来ましたが、そう言うこともあります。いい数珠を持っているからといっても気を抜いている時はすきだらけなのだと思いますし、飾りで持っているなら意味はなさないと思います。

様は気持ちの伝え方と念の込め方だと思うので、安いから、高いからと言う理由は意味はないと思います。

また、数珠の貸し借りは基本意味は無いです。持っている方の念が入っているため、他の方使用してもその数珠には念は入らないのです。

値段は問わずに、その木や石で作られた数珠を通して念を伝えるの法具だと思い、自分専用の数珠を選んでみてはいかがでしょうか?