事件

鳴海拓也(なるみたくや)と久美子のFacebook顔画像と経歴とアパートの場所はどこかと犯行の動機は?神奈川県小田原市で母親を刺す事件で逮捕

鳴海拓也(なるみたくや)と久美子のFacebook顔画像と経歴とアパートの場所はどこかと犯行の動機は?神奈川県小田原市で母親を刺す事件で逮捕

神奈川県小田原市のアパートで母親の胸を刃物で刺したとして、26歳の息子が逮捕されました。母親は病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

事件の詳細をまとめました。

村尾照子さんのFacebook顔画像の特定と経歴は?保険のセールスレディが関係?通り魔?福岡の粕屋町の須恵川で窒息死の事故 女性は通り魔的な犯行に巻き込まれたのでしょうか。 福岡県粕屋町の川で女性の遺体が見つかった事件、直前の足取りが徐々に明らかになっ...
" class="blog-card">
村尾照子さんのFacebook顔画像の特定と経歴は?保険のセールスレディが関係?通り魔?福岡の粕屋町の須恵川で窒息死の事故 女性は通り魔的な犯行に巻き込まれたのでしょうか。 福岡県粕屋町の川で女性の遺体が見つかった事件、直前の足取りが徐々に明らかになっ...

神奈川県小田原市のアパートで母親を殺害して逮捕の事件。


神奈川県小田原市のアパートで母親の胸を刃物で刺したとして、26歳の息子が逮捕されました。母親は病院に運ばれましたが、その後、死亡しました。

 逮捕されたのは、自称・アルバイトの鳴海拓也容疑者(26)です。鳴海容疑者は11日午前10時すぎ、小田原市上新田のアパートで母親の久美子さん(47)の胸を刃物で刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。

 鳴海容疑者から「母親を刺し殺した」と110番通報があり、駆けつけた警察官が、うつ伏せで刃物が刺さった状態で倒れている久美子さんを見つけたということです。久美子さんは心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。

 調べに対し、鳴海容疑者は「自宅内で母親と口論の末、刃物で母親のことを刺しました」と容疑を認めているということで、警察は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めています。


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190711-00000066-jnn-soci

最近は親族間の事件が多いようにも思えます。

119番ではなく110番に電話したあたり、容疑を認めようと思ったところがうかがえます。とはいえ、どんな喧嘩をしても母親を亡くす様なことはしたくないですね。

今回事件が起きたアパートの住所が神奈川県小田原市上新田28-6ひかりコーポということがわかりましたので、場所がどこか確認しました。

鳴海拓也が母親を殺害した場所がどこかGoolgle地図で確認。神奈川県小田原市上新田28-6ひかりコーポ

鳴海拓也(なるみたくや)と久美子のFacebook顔画像と経歴とアパートの場所はどこかと犯行の動機は?神奈川県小田原市で母親を刺す事件で逮捕

ここで、鳴海拓也容疑者と久美子さんが住んでいたと思われます。

アパート暮らしでということでしたので、おそらくは2人で住んでいたのかもしれません。今回の二人の経歴と顔画像を調査しました。

鳴海拓也容疑者と鳴海久美子さんの経歴と顔画像は

名前:鳴海拓也(なるみたくや)

年齢:26歳(2019年7月の逮捕時)

職業:アルバイト

住所:神奈川県小田原市上新田28-6ひかりコーポ

逮捕容疑:殺人罪 47歳の母親(鳴海久美子さん)を刺殺した容疑

鳴海久美子さんの経歴は?

名前:鳴海久美子(なるみくみこ)

年齢:47歳

職業:不明

住所:神奈川県小田原市上新田28-6ひかりコーポ

鳴海拓也容疑者と鳴海久美子さんのFacebook顔画像は?

鳴海拓也容疑者と鳴海久美子さんの顔画像とfacebook, twitterやインスタグラムを調査しましたが、残念ながら本人と思われるアカウントや画像は特定できませんでした。

鳴海拓也の犯行の動機は?

「自宅内で母親と口論の末、刃物で母親のことを刺しました」 ということですが、

口げんかの末、母親を刺す結果となってしまったようです。

簡単に動機を推測すると、本人は26歳でアルバイトだったということがわかります。

ちゃんと働いてほしくて母親の久美子さんが鳴海拓也に仕事について欲しくて喧嘩をしていたのかもしれません。

しかし、最近の殺人事件は加害者側の最初の供述から真相に至ると、また違った原因が出てくることが多くなっています。

中学生殺害事件の本郷功太郎君は実は問題児だった。などや、和菓子屋さんの木津屋、木津英喜は実は殺害した娘のいぶきさんに性的虐待をしていた。

ということもあるため、今回の事件なども簡単な口論だけではないように思えてしまいます。

いままでずっと口論が行われていて、その元々の原因があったのかもしれません。

今後の情報が入り次第、追記させていただきます。

https://yukaliku.com/muraoteruko-fukuoka-satsuzinziken.html

世間の反応や声は

動機が不明なので憶測ですが、 大抵の親は、その時に最善と信じたことを子供に成します。ですが、子育ては答えの存在しない長い期間の人生修行のようなものです。

良かれと思ったことで、後々恨まれたり、なぜ気持ちが届いてくれないのかと苦しんだり。子どももそうなのでしょう。

母親を子供が殺す、あってはならないことですが起こってしまいました。

母親という立場から、この事件に救いを見出そうとするならば、親より先に死ななかった息子、その部分だけは親孝行したのでは。 

お母様の御冥福をお祈りします。

暴力は何の解決にもならない。そんなことが分かればこの人も母親を刺したりはしないだろうけど、本人だっていいこととは思ってないだろうに。感情のコントロールができなかったのだろう。肉親にそんなことをするんだから、他人だったらもっと短絡的に暴力を振るうのかな。お母さんはもう戻ってこない。先々になってそれをどう思うのか。私には関係ないけど、この人が世の中に放たれたら大いに関係ある。
こんな事件ばかりでこわいな。

明らかに、殺人の無意識的な連鎖が起きている。

子が親を、親が子を、友人を、そして無差別。

そんなニュースが毎日のように流れ、「だったら、自分も」という感覚が無意識に生まれているのではないか。

さすがに、そう感じてしまうくらいの頻度だ。

貧富の差が激しくなってきている事と、貧しいことが受け入れられない人が多くなったこと、みんながみんな自分さえよければ人はどうなっても良いばれなければよいという考えの人が多いこと、老人が増えて若者が少ないため若者は以前より息苦しく感じる世の中になっているような気がします。