芸能

南部虎弾(なんぶとらた)本名:佐藤道彦の腎臓提供者は妻嫁の由紀さんに感謝。移植の原因や日にちなどを解説

南部虎弾 腎臓移植 妻嫁 感謝

電撃ネットワークの南部虎弾(なんぶとらた)(67才)さんが腎臓移植の提供者が奥様になるという事で感謝をしているというニュースがありました。

南部虎弾は元ダチョウ倶楽部のリーダーとしても有名ですが、キャリアとしてはアーティストの方が経歴としては長くなっています。

旦那様のドナーとして提供できるなんて、とてもあり難いでしょうし、幸せなことでしょうね。

糖尿病で足が壊死寸前、

南部虎弾 腎臓移植 妻


電撃ネットワークのリーダー南部虎弾(67)が、5月16日に腎臓移植手術を受ける予定で、そのドナーが妻であることが28日、分かった。所属事務所によると、南部は同10日に都内の病院に入院する。4月29日に東京・新宿でライブパフォーマンス「新宿クレイジーナイト」を行い、病状などを自ら説明するという。

【写真】南部虎弾「男はタマだ!」体張ったパフォ

南部は5、6年前に糖尿病と診断された。「足が壊死(えし)状態になって」、また「左足切断かと思った」と語るほど深刻な状態だったが、専門医のおかげで最悪の事態は免れていた。当初は通院してインスリン注射をしていたが、面倒だからと投薬治療に切り替え、その後、糖尿病による骨髄炎を患った。17年には急性冠症候群による心不全で緊急入院し、8時間にも及ぶ心臓のバイパス手術を受けた。だが肝機能は悪化する一方で、主治医から人工透析は避けられないと言われていた。

南部は「電撃ネットワークの活動ができなくなる。パフォーマンスで全国を回れなくなる」と人工透析を拒否。何とかならないかと腎臓の専門医に相談すると「人工透析を拒むなら腎臓移植しかない」と提言された。しかも、その時点で肝臓機能が異常に低下しており、一刻も早い手術が必要と告げられた。

問題は腎臓の提供者。ドナーが見つからなかったらと悩む中、南部が家に帰って妻に病状を説明すると、「私のでよかったら」と言ってくれたという。妻の血液型はAで、南部はO。しかも南部は数万人の1人と言われるRHマイナス。半ば諦めて医師に相談したところ、検査結果次第では可能と言われ、何度も適合検査をやった上で手術可能という判断になったと言う。南部は「最悪の事態を女房が助けてくれました。感謝ですよね」「もう、ホッとしました。助かった」と妻に感謝した。

ただ、手術できるか最終的な決定は17年の心臓バイパス手術の状態次第。5月2日に結果が出る予定で、正式な手術は検査結果次第という。

南部は「平成最後をパフォーマンスで終わらせることが出来るだけでもよかった。しかし、まさか令和という新しい時代の始まりを腎臓移植からスタートするなんて思ってもなかった。でも、カミさんのためにも生き残り、またステージに帰ってきます」と意欲をみせているという。

引用:日刊スポーツ

糖尿病インスインを注射などしないと血糖値があがってこん睡状態になってしまうんですよね。

また、血の巡りがかなり悪くなってしまうので、一番離れている足などから壊死し始めるようです。

そのほかにも、一般の方より身体の回復が少し遅くなります。免疫系も他の人より弱くなってしまうため、多くの合併症が起きる病気なので、腎臓などにも負担がかかっていたのでしょう。

今回、腎臓移植を妻の由紀さん(49)が提供してくれるとのことで、 本当に良かったと思います。

ドナー待ちになると最悪、何年も待っていたかもしれませんし、普段の活動に支障をきたすのは間違いないと思います。

手術予定や病院はどこ?

南部虎弾 腎臓移植 妻嫁 ドナー

南部虎弾さんが手術される予定は5月16日とのことですが、病院名はわかりませんでしたが、都内のかかりつけの病院とのことです。当時、足が壊死している。と言われた病院から、大学病院へ紹介され患部をレーザー除去されたと言う事ですので、かなり設備が整った大きい病院だと思われます。

ネットの声など