事件

松下園理被告(30)愛知県豊田市で三つ子殺害の経歴やFACEBOOK写真と嘆願書

松下園理 被告 愛知県豊田市 三つ子殺害 経歴 プロフィール FACEBOOK 嘆願書 署名

次男を暴行・死亡の件で減軽署名

松下園理 被告 愛知県豊田市 三つ子殺害 経歴 プロフィール FACEBOOK 嘆願書 署名


愛知県豊田市で昨年1月、生後11カ月の三つ子の次男に暴行、死亡させたとして傷害致死罪に問われた松下園理被告(30)を巡り、多胎育児家庭を支援する「日本多胎支援協会」(神戸市)と9都府県の団体が13日、減軽を求める1万1286筆の署名と嘆願書を名古屋高裁に提出した。

 弁護側は重度の産後うつで心神耗弱状態だったと主張したが、名古屋地裁岡崎支部が3月15日、完全責任能力を認め、懲役3年6月(求刑懲役6年)の実刑判決を言い渡し、松下被告が控訴していた。

 嘆願書は「過酷な多胎育児が背景にあったのは明白」と指摘した上で、執行猶予付き判決に減軽するよう求めている。

引用:共同通信

精神的に追い込まれてた松下園理被告ですが、1万を超える軽減の嘆願書が来たとの事ですが、物凄い署名ですよね。

以前の情報では2万を超える署名が集まったと言われていましたが、嘆願書として提出したのは半分近くとなったわけですね。

本人の産後うつを共感されるお子様持ちの方が署名をされてのでしょうか。

産後うつや育児ノイローゼといわれる程、子育ては大変な事なのですよね。とはいえ、暴行や殺害までしてはいけませんよね。

松下園理容疑者のプロフィール

松下園理 被告 愛知県豊田市 三つ子殺害 経歴 プロフィール FACEBOOK 嘆願書 署名

事件が起きた時は(29才)でしたが現在は30才となっています。。

その後の情報は更新されていません。

また、FACEBOOKなども調べましたが、本人画像等は残念ながら出てきませんでした。

産後うつはホルモンバランスは関係ない


産後うつの原因は「ホルモンバランスの乱れ」とよく言われますが、違うようです。

出産直後に現れる激しい感情の浮き沈みは「マタニティーブルーズ」と言われ、これはホルモンの急激な変化が原因で、ほぼ2週間以内に収まります。

 産後うつは本人の抱えているメンタルの既往のほか、人間関係や住環境の変化など環境的な要因によって引き起こされます。

これらは本人が元気な時には自分で対処したりバランスをとったりできるので表面化しません。

しかし、出産は10カ月かけて心身に変化を起こし、産後は外傷による痛みが大きく、人によっては痔や恥骨の痛み、骨盤の違和感などもあり、最低でも1カ月は安静が必要です。

授乳もあり、家庭によっては上の子の世話や家事などで動かざるを得ず、負担が増えます。

その結果、それまで余裕があった時にはできていたことができなくなり、上述の問題が表面化し、産後うつという形で現れてくるとも言えます。

 見方を変えれば、産後うつは夫や家族、周囲のサポートがあれば予防・軽減・改善できるものです。

産後の母親が体に受けているダメージの大きさを皆が理解し、母親は少なくとも産後1カ月しっかり休む、動いても授乳程度にできるように環境を整えることが大事です。

引用:文春オンライン

三つ子だと、このような産後の余裕が無かったのかもしれませんよね。

気の毒と言えば気の毒ですが、誰か支えになってくれる人や状態を用意するのも親の役目かと思います。

世間の反応や声は