未分類

雅子さまのローブデコルテと美智子さまから受け継いだティアラの値段は?とくダネ

雅子さま ローブデコルテ 美智子さま 受け継いだ ティアラ 値段

5月1日午前0時、元号が平成から令和に変わり、皇后陛下となられた雅子さまですが、

午前11時すぎに行われた即位後朝見の儀に出席される雅子さまは、ローブデコルテとティアラをつけてでてきました。

しかし、雅子さまがつけていたティアラは第一ティアラではなかったのです。詳細をまとめてみました。

ローブデコルテや第一ティアラとは?

雅子さま ローブデコルテ 美智子さま 受け継いだ ティアラ 値段

ローブデコルテとは
日本では、1886年明治19年)に女性の中礼服として採用され、以後社交界などで着用されるようになった。第二次世界大戦後に、本来の女性用大礼服であったマント・ド・クールが用いられなくなると、ローブ・デコルテが大礼服に替わる公式な場における女性用の正装・礼服として用いられるようになった。宮中行事では朝見の儀など昼間でも着用される。
皇太子徳仁親王成婚の際、皇太子妃雅子ローブ・デコルテを手がけたファッションデザイナーの森英恵は「ローブ・デコルテは勲章をつけるためのドレスであり、肌を出し、皮の長い手袋を合わせる正装[6]と述べている

引用:ウィキペディア

勲章をつけるためのドレスで正装の格好なのですね。

雅子さまや美智子さまが良くドレスですが、正装のときに着るようです。

また、雅子さまがつけているティアラですが、実は第一、第二ティアラという種類があるのです。ちなみに、今回つけていたティアラは 皇后陛下が持つ3つのティアラのうちの最も由緒のある第一ティアラ。明治天皇の皇后である昭憲皇太后から約130年続いているティアラなのです。

雅子さま ローブデコルテ 美智子さま 受け継いだ ティアラ 値段
雅子さま ローブデコルテ 美智子さま 受け継いだ ティアラ 値段

この様に昔から受け継がれているのですね。

ただ、雅子様が以前から付けていた第一ティアラ(美智子様からのではなく)は紀子様の手に渡ってしまったと言われています。

雅子さま ローブデコルテ 美智子さま 受け継いだ ティアラ 値段

一時期、雅子様がこのティアラをつけなくなったため、売却しただのデマ騒ぎがあったみたいですが、紀子さまに渡っていたのですね。

詳細は分りませんが、雅子様は由緒ある第一ティアラを付ける事になるのが昔から分っていたため、紀子さまが欲しがった、譲ったのかもしれませんね。紀子さまの事を考えるとそれも全然悪いとは思わないですしね。

第一ティアラの値段はいくらくらい?

雅子様がつけている第一ティアラの値段は出てきませんでしたが、そのほかのティアラの価格が分りました。

眞子さま 2856万円
佳子さま 2892万円
絢子さま(守谷絢子さん) 約1485万円
典子さま(千家典子さん) 約1522万円

眞子様のティアラの値段はなんと 2856万!!

ちなみにこちらは製作代金でこの価格だそうです。そんなに製作するのに金額がかかるのがまず驚きです。

家買えるレベルですよね。頭に家が乗っかってる様な感じで。

そう考えると贅沢ですよね笑。仕方ないですけど。

さらに石の価格も合わせるとこの値段じゃ到底出来ないですよね。

雅子さまのティアラは億単位になるかと想像できます。

雅子さまのローブデコルテの価格は残念ながらわかりませんでした。情報が入り次第、追記していきます。

ネットの声

いろいろな声がありますが、即位して新しい時代に変わり、新天皇と雅子さまもこれから忙しくなることと思われます。

令和も長く続く様に気持ちだけでも応援が出来ればと思います。