未分類

丸山穂高衆院議員(日本維新の会)の戦争発言不適切の撤回が早すぎてヤバイ!

丸山穂高衆院議員(日本維新の会)の戦争不適切の撤回が早すぎてヤバイ!

つい先日、日本維新の会の丸山穂高衆議院議員は北方領土で島民に「戦争しないとどうしようもなくないですか」というとんでもない発言をしたばかりでしたが、もはや不適切だといい、前言撤回したけんで世間で話題になっていましたので、詳細をまとめました。

その後の無所属で継続する発言も更にヤバイ!

責任を取るつもりか、在籍したいからか。

丸山穂高衆院議員 (日本維新の会)
戦争不適切 撤回 早い


日本維新の会の丸山穂高衆院議員は13日夜、東京・赤坂の議員宿舎で記者団に対し、北方領土問題の解決方法を巡り「戦争」に言及した自らの発言について「政治家という立場でありながら、不適切な発言だった。元島民に配慮を欠いた」と非を認めた。問題の発言については「心から謝罪し、撤回させていただく」とし、責任の取り方については「今後考えたい」と述べるにとどめた。

引用:毎日新聞

この様な炎上をした時は素直に謝るのが相場と決まっていますが、本当に撤回が早かったですね。

それもそのはず、素人から見ても「戦争」言葉を議員が使えば、海外メディア(中国、ロシアなど)が取り上げた日には、本当に戦争になってもおかしくない発言だと思います。

熱い気持ちはわからなくもないですが、いっていい事とまずいことがあると思います。そのあたりは政治家なので今後があるのでしたら、成長していって欲しいところですね。

前回の発言内容

丸山穂高衆院議員 (日本維新の会)
戦争不適切 撤回 早い


 13日、北方四島の国後島から帰港したビザなし交流の訪問団。この訪問団に参加していた日本維新の会の丸山穂高衆議院議員の発言をめぐり、元島民らから抗議を受けていました。
 丸山穂高衆議院議員は11日、現地で島返還の手段として戦争を持ち出し、元島民らから抗議を受けていました。
 同行した記者が録音した丸山議員の音声です。
 丸山議員音声「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」
 団長「戦争で?」
 丸山「ロシアが混乱しているときに取り返すのはOKですか?」
 団長「戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」
 丸山「でも取り返せないですよね?」
 団長「いや、戦争はすべきではない」
 丸山「戦争しないとどうしようもなくないですか?」 
 団長「いや、戦争は必要ないです」
 
 丸山議員とやりとりをした訪問団の団長で、元島民の大塚さんは「私は真っ向から反対いたしました。戦争で取るとか取らないか、そんなこと私は聞いたこともありませんしね」と話しています。

丸山議員はこの発言の前に酒を飲んでいたということです。元島民らはこの発言に抗議しましたが、丸山議員は酒に酔って騒いだことについては謝罪したものの、戦争発言については「賛成か反対かを聞いただけ」だとし、「北方領土を戦争で取られたわけですから、取り返すということに対して賛成か反対か聞いたと。別にそういう話があってもいいわけじゃないですか。それに対して何をダメだとおっしゃっているのかよくわからないです」とコメントしています。丸山議員の発言について日本維新の会の松井代表は、
 「戦争で取り返すようなことは、我々党として一切考えはありません。武力での解決というのは僕にはないですね」と話しています。

引用:HTB北海道テレビ

ちょっとお酒を飲みすぎて気持ちが高ぶっちゃったのかもしれませんね。

話が飛躍しすぎちゃってますし。地元のHTB北海道テレビが取り上げるほど、発言がいかに遺憾を感じる出来事だったか物語ってます。

ひょっとして、この様な場所で思い切っていっても、どうせ表には出てこないだろうし。

位の気持ちで言ってしまったのかもしれませんね。

戦争の件で問い詰められた島民のもやもやした気持ちも今回の謝罪で収めてくれればいいですね

世間の声や反応は

最後に

やはり、政治を任している人だからこそ言葉の発言は非常に大事だと思いますし国民も税金を払った分をその方たちの給料になっているわけですから。

数年前の飲酒をやめる発言も撤回されて今回の騒ぎにもなっているようにみえます。

今回の発言も撤回される日はいつかくるかもしれませんね