雑記

「ロッカールーム」で話題のJリーグDVDって何?

湘南ベルマーレ ロッカールーム

Jリーグチームの「湘南ベルマーレ」のドキュメンタリーDVDの中で特に印象深いところが先日、テレビに紹介された。

湘南ベルマーレイヤー NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章-2018覚悟の映像

NONSTOP FOOTBALL

このDVDが非常に人気が出ているとの事。ちなみにamazonで確認してみるとカテゴリ・スポーツの中でもベストセラー1位になるほどの人気ぶり。DVDの総合ランキングでも13位になっています。

上の映像にも載っていましたが、このロッカールームでの裏舞台がこのDVDの目玉でもあります。

今回の2018年で5章なので、2013年から第1章から小型カメラで撮影をしていました。

ロッカールーム撮影は選手からの提案?

いくつもの、ストーリーが舞台裏では行われており、2016年にはJ2に降格された。その映像も前回のDVDにも映されている。

その様な撮影の提案は選手からの話らしく、ロッカールームには熱く言葉が飛び交っている。まるでドラマの様。

そもそも私のロッカールームのイメージは、スポーツのジャンルを問わず単純に試合前の着替える為や、モチベーションを上げる準備としての、控え室として、また、勝ったときには喜び、負けた時にはずっしりした感じを体験する場所だと思っていました。

「湘南ベルマーレ」と言うチームは多くの物語が出来るほどの話があったらしい。

チームの全てを知ってほしい。本気を見てほしい。

常に全力を尽くしている「湘南ベルマーレ」の選手たちは、まさに熱い男たちの集団。

チームが勝つため、自分たちの本気度合いをみんなに見てほしくて撮影をお願いした。

広報を担当している 遠藤さんは選手たちから、「苦しいときも、良いときも曹さんの言葉は心に響くんです。僕らはサッカーを通して、人生の勉強をしています。だから、いろんな人にも見てもらったほうがいいと思って」と言っている。


「本気になって言い合う機会があるからこそチームって、成長していくんだなと思いました。試合に勝つために、どれだけエネルギーを高め合っているのかをみなさんにも知ってもらいたい。日々のものが凝縮されているのがロッカー。僕らも言い争うことはあります。甘い世界ではないので。物事って、簡単には進みません。きっと、社会でも通じる部分があると思います」
「各々が勝つ責任を負えば、あのようになる」。
 曹貴裁監督は美化されるのを嫌うが、ロッカーでの出来事は隠すようなことではないという。昨季の話はもう過去のこと。
「昨年、起こったことがそのままにDVDに収録されているだけ。記録です。あのミーティングも、各々が勝つ責任を負えば、あのようになる。何が1番大事かって、チームの成長であり、勝利。選手たちは組織のこと、チームのことを思って、発言している。本気でやるのか、仲良しで終わるのか。一人ひとりが責任を負い、一人ひとりが答えを出した」


https://number.bunshun.jp/articles/-/838903?page=2

その熱さがDVDを通じて、自分たちの本気具合をファンや視聴者などに伝えたかったのだろう。その様になる為には曺 貴裁(チョ・グィジェ)監督の功績も多くある

曺 貴裁(チョ・グィジェ監督)はどんな人?

曹貴裁監督の経歴をまとめてみた

小学校4年生からサッカーを始め早稲田大学へ入学にはサッカー部へ入部。

その後、日立製作所を入社の際に「柏レイソルの前身」のサッカー部へ入る。

その後、1994年に浦和レッドダイヤモンズ、1996年にヴィッセル神戸へ移籍。

1997年に選手として引退をする。

その後はドイツのケルン体育大学でサッカーコーチの勉強をしており、

日本へ帰国した2000年には「川崎フロンターレ」のアシスタントコーチや「セレッソ大阪」のコーチを行う。

2005年に「湘南ベルマーレ」入団する。その際はU-18監督から2009年にアシスタントコーチとなる。

2012年から正式な「湘南ベルマーレ」の監督として就任後、J2を2位を飾り、J1入りの快挙をこなすも、翌年のJ1では16位となり、再度J2へ戻る。

2014年にはチームの戦法であった、「ノータイム・フットボール」に磨きが付き、

J2では最速で残り9節でJ1へ昇格させ、その後の6設でも優勝した。

2015年は「湘南ベルマーレ」の監督として4年目となる。一番長い監督として扱われ、8位の功績を残す。

2018年も監督を務め、2018YBCルヴァンカップ決勝で「横浜F・マリノス」に1-0の初優勝を飾った。

ベルマーレとは監督人生が長く思い入れがとても強いチームがゆえに、勝利をさせたい気持ちが誰よりも強いのだと思います。

監督のその後も含め、「湘南ベルマーレ」の今後の活躍が期待できます。是非、舞台裏であるロッカールームの様子が見れる、「湘南ベルマーレイヤー NONSTOP FOOTBALLの真実」を見てみてください。