事件

吉田百合子容疑者(58)京都タワーと水族館に爆破予告した犯人のFACEBOOK写真はペットが亡くなったのが理由?

吉田百合子 京都タワー 水族館 爆破予告 理由 画像

令和になりあわただしい出来事があとを絶えません。

5月8日の午後に京都タワーと京都水族館を爆破予告した吉田百合子容疑者(58)が逮捕された事件について話題を呼んでいます。

そのことについて詳しくまとめました。

18時ごろに爆破予告

吉田百合子 京都タワー 水族館 爆破予告 理由 画像

8日午後5時ごろ、京都タワー(京都市下京区)と京都水族館(同)、ドン・キホーテ京都アバンティ店(同市南区)を爆破すると予告する電話が、同水族館などにあった。

通報を受け、京都府警は観光客や従業員ら1600人以上を屋外に避難させて施設内を調べたが、爆発物は見つからなかった。

府警は同日夜、大阪府東大阪市の無職、吉田百合子容疑者(58)を威力業務妨害の疑いで緊急逮捕し、発表した。

容疑を認め、「気分が落ち込んでいてどこかに爆破予告でもしてやろうと思った」と供述しているという。

引用:朝日新聞

気分が落ち込んでいたとの理由で爆破予告とは、、、人騒がせにしてもやりすぎですよね。

無職とのことなので、「五月病」などの理由は無いと思いますが、真相はあきらかになっていません。

それにしても、予告なだけで、本気は無くてよかったと思います。

なぜ吉田容疑者が犯人かわかったのか?

吉田百合子 京都タワー 水族館 爆破予告 理由 画像

 下京署などによると、午後5時ごろ、京都タワーホテルに「展望台に爆弾を仕掛けた。6時に爆発する」と電話があった。その後、京都水族館とドン・キホーテに似た電話があった。いずれも同じ番号の携帯電話からで、吉田容疑者が使っているものだったという。

引用:朝日新聞https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190508-00000051-asahi-soci

ここは気分が落ち込んでむしゃくしゃせいなのか、つめが甘くなってしまったのでしょうか。

通話履歴を追われたと思われますが、同じ番号から契約者を特定されたのでしょうね。

事件後とになると、携帯会社などは個人情報の開示はしなくてはいけないですので、すぐにわかってしまったのでしょう。

吉田百合子は精神疾患だったのか?のFACEBOOK画像など

「ほぼ」特定できましたが、吉田百合子容疑者はおそらく同じ地域の関西圏に住んでいたと思われます。

FACEBOOKに滋賀県のペットホテルに「いいね」をしていることから、近隣に住んでいてのかという想像が出来ます。

これは2014年の頃の投稿です。その後大事にしていた犬が亡くなって生き甲斐がなくなってしまったのでしょうか。

動物で精神を和らげる、少しでも社会復帰出来るようになる療法をアニマルセラピー(動物療法)と言います。

ひょっとすると、本人にも気づかない精神疾患をもっていたのが、ペットのおかげで発祥しなかった。

そのペットが亡くなった為に動物療法が自然となくなり、この様な騒ぎを起こしたのかもしれません。

家族だと思えるくらいのペットが亡くなったのだったとしらた、それは気持ちも落ちてしまうかもしれませんよね。

とはいえ、周りに迷惑をかけるのは別問題だと思います。

ましてや、1000人以上の人たちを不安にさせる行為をしたわけですから、きっちりと反省してもらったほうがいいかもしれませんね。

世間の反応は?