事件

皇居近くでまたドローン。北の丸公園や永田町・四谷・六本木で操縦者や犯人は誰?航空法に触れている?目撃者の声など

皇居 北の丸公園 六本木 ドローン 犯人 操縦者

最近、皇居付近でドローンらしき物体を目撃する人が後をたたない状態になっているのが話題になっています。

つい先日の2日夜にもヘリコプターかドローンが皇居周辺や赤坂御用地あたりに目撃してる人もみかけました。先日のドローン目撃関連の記事はこちら

夜にドローンを操縦

皇居 北の丸公園 六本木 ドローン 犯人 操縦者

6日午後7時半ごろ、皇居近くの北の丸公園(東京都千代田区)の上空で小型無人機ドローンのような物体が飛行しているのを警視庁の機動隊員が目撃した。

麹町署によると、その後、永田町や四谷、六本木方向の空でも飛行物体が目撃された。人口密集地でのドローンの飛行を禁じた航空法などに抵触する可能性があり、警視庁が詳しい状況を調べている。

麹町署によると、飛行物体は光が点灯しており、プロペラが付いていたという。付近を捜索したが、操縦者は見つかっていない。

都内では2日夜にも皇居周辺や赤坂御所がある赤坂御用地などでドローンのような物体が飛行しているのが目撃されていた。

引用:共同通信

機動隊員まで出てくる騒ぎになっていたのですね。

先日の天皇退位と即位の際に起きていたデモ団体や、悠仁さまの学校へ侵入した容疑者などと関係があるのでしょうか?

前回のデモの関連記事はこちらです。

それとも、ドローンを買ったうれしさのあまり夜になったら、操縦の練習をしている一般人なのでしょうか?

操縦者の犯人等の詳細がまだ分らない状態ですが、ちょっと、騒ぎになってきていますので、一般の方なら特にドローン飛行のルールを確認して自粛されたほうがよさそうですよね。そのあたりは分り次第更新していきたいと思います。

航空法でのドローン飛行の許可が必要な場所は

皇居 北の丸公園 六本木 ドローン 犯人 操縦者

ドローンを操縦する場合には場所によって許可が必要なところと、そうではないところがあります。


(A)空港等の周辺の空域

 空港等の周辺の空域は、空港やヘリポート等の周辺に設定されている進入表面、転移表面若しくは水平表面又は延長進入表面、円錐表面若しくは外側水平表面の上空の空域、(進入表面等がない)飛行場周辺の、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要なものとして国土交通大臣が告示で定める空域です。


※境界付近で飛行させようとする場合には、飛行させようとする場所が「(A)空港等の周辺の空域」に該当する否かについては、必ず空港等の管理者等に確認をおこなってください。

※ 空港等の周辺に該当する場合は、場所毎に飛行させることが可能な高さが異なりますので、該当する空港等の管理者等に飛行可能な高さをお問い合わせください。


(B)地表又は水面から150m以上の高さの空域

地表又は水面から150m以上の高さの空域を飛行させる場合には、許可申請の前に空域を管轄する管制機関と調整をおこなってください。


(C)人口集中地区の上空

 人口集中地区は、5年毎に実施される国勢調査の結果から一定の基準により設定される地域です。

引用:国土交通省

今回の騒ぎは(C)の人口集中地区に該当されそうです。設定されている詳しい地域を確認されたい方は「国土交通省のHP」までご確認いただければとおもいます。

いずれにしても・「空港周辺」「街中」「高さ150mを超える」が該当するところで操縦をする場合は許可が必要になります。

いずれにしても、今回のケースでは夜の皇居近くと、六本木周辺とのことですので、航空法に抵触するとおもいます。

ネットの声など

https://twitter.com/wpMLgHJs57pVGFr/status/1125486458989568000