事件

木津いぶきの生い立ちは連れ子が原因?父親・木津英喜(きづひでき)の顔画像の特定と遺書は心中の計画の内容や犯行の動機は借金の生活苦で自殺した?場所はどこの埼玉の荒川?

7日未明、東京・荒川区の和菓子店で、冷蔵庫の中から女子大学生の遺体が見つかった。43歳の父親と連絡がとれなくなっていたが、7日朝、さいたま市内で首を吊った状態で見つかり、死亡が確認された詳細をまとめました。

木津いぶきさんの父親がさいたま市の河川敷で亡くなっていた事が判明


7日未明、東京・荒川区の和菓子店で、冷蔵庫の中から女子大学生の遺体が見つかった。43歳の父親と連絡がとれなくなっていたが、7日朝、さいたま市内で首を吊った状態で見つかり、死亡が確認された。

警視庁によると、7日午前1時前、荒川区東尾久にある和菓子店で、業務用の冷蔵庫の中から大学1年生の木津いぶきさんが遺体で見つかった。いぶきさんは下を向いて丸まった姿勢で倒れていて、首には絞められたような痕があったという。

警視庁によると、この店を経営する43歳の父親が6日夜、家族に電話で「店で娘を切った。死にたい」と告げたあと連絡がとれなくなっていたが、7日午前、さいたま市内の河川敷で首を吊って死亡しているのが見つかったという。


警視庁は父親が自殺したとみて、いぶきさんが死亡した経緯を詳しく調べている。
【関連記事】

最終的には自殺をしてしまったとのことでしたが、なぜ、自殺を図ったのでしょうか。

ひょっとすると、自分の犯した過ちを背負えなくなってしまったのかもしれませんね。

そのいぶきさんの生い立ちを調べました。

木津いぶきさんの顔画像特定と出身の高校や大学は?生い立ちはバレエをしていた

現在は木津いぶきさんの出身高校は明らかにされていませんが荒川には東京都立荒川工業高等学校や東京都立荒川工業高等学校がありました。

また、大学は近隣には東京医科大学の東治療センターがありました。

今後、報道やSNSで出てき次第追記したいします。

近所の住民(いぶきさんは)きれいなほっそりとしたバレエやってる子だなって感じ。おうちの中で荒れてるような感じは全然見えなかったとのことです、

今後は家族からの証言も貴重な情報になってくるかと思われます。

木津いぶきさんを殺害した原因や真相は借金からの生活苦が原因?

最近でも和菓子屋が少なくなっていて、利用者も洋菓子屋にシフトしていますが、そもそも和菓子の売り上げ単価自体は洋菓子に比べて非常に低いです。

団子や大福は100円台で利益幅は多いですが、単価が低いために近年では廃業をするお店が多くなっています。

特に最近は和菓子では欠かせない小豆のあんこが昨年に比べて2倍以上の値上がりをしていましたので、経営的にも厳しくなるのは確実です。

今回、父親に殺害された木津いぶきさんは大学生でバレエをしていた上に、他にも子供がいた様子です。

ただでさえ単価の低い和菓子の個人経営で大学まで行かせる親の苦労たるや心境を察すると、とてもつらかったかと思われます。

とはいえ、自分の娘を亡くしてしまう行為はよくありません。そして自分で命を絶つ行為ほど、無責任な話はありません。

償ったつもりかもしれませんが、残された家族の事を考えてほしかったです。

木津いぶきの父親・木津英喜(きづひでき)の顔画像が特定!

二年前に撮影された写真がSNSでも取り上げられていました。

奥に父親らしき人物が接客している様子がうかがえます。

お客さんが入っている様子がありますが、本当の詳細は分かっていません。

今後の家族やまわりの証言、同業の方たちからの情報も出てくるかもしれません。

木津英喜は連れ子の木津いぶきを和菓子とバイトの両立の生活費を工面していた。

木津いぶきさんは奥様の連れ子という事が解っています。

奥様の連れ子と言うのも、なかなか強くいう事も出来ないでしょうし、いぶきさんも小さいころからバレエをしていたとの事ですので、生活面でも苦労していたと思います。

さらに、木津英喜さんは和菓子店の仕事の後に、ピザ屋の配達のアルバイトをしていたという情報も入っています。

店は賃貸で、店内にはお花を飾らなかったりとぜいたくはせず、質素だった。自宅用にマンションも買って、無理していたところもあったのでは」との近隣の方の証言もあり、頑張って生活費を捻出していたところに、今回の事件に関わるきっかけになることで爆発したのかもしれません。

木津英喜の遺書の内容は殺害と心中を計画していた?

店内から「2人で死のうと思う」などと記された書き置きが見つかったことが新たに分かりました。警視庁は、父親が残した遺書とみています。

この遺書を書くということは、木津いぶきさんの殺害に対しては突発的な犯行ではなく、計画的な犯行だと思われます。

そして、自ら命を絶つところも、一緒に心中をするつもりの覚悟で遺書を書いたのだと思われます。

世間の反応や声と木津いぶきさんの弟と接した方や利用者の声も

https://yukaliku.com/hirosekazuhisa-makotokun-oboreruziko.html