事件

一田広樹と外河茂樹の顔画像と経歴は?ホテル芙蓉閣で経営者が暴行で亡くなる事件で逮捕

一田広樹と外河茂樹の顔画像と経歴は?ホテル芙蓉閣で経営者が暴行で亡くなる事件で逮捕

山梨県富士吉田市のホテルで経営者の男性を暴行し、けがをさせた疑いで男が逮捕されました。
男性は意識不明の重体です。
傷害の疑いで逮捕されたのは、福岡県北九州市の会社員、一田広樹容疑者58歳です。
警察によりますと、一田容疑者は今月17日の午前1時40分頃、富士吉田市のホテルで経営者の男性を暴行し、頭などにけがをさせ亡くなる疑いがもたれています。

今回の事件の詳細をまとめました。

山梨県富士の芙蓉閣(ふようかく)で外河茂樹(ホテル経営者)が一田広樹(宿泊客)に暴行で亡くなる事件で逮捕

一田広樹と外河茂樹の顔画像と経歴は?ホテル芙蓉閣で経営者が暴行で亡くなる事件で逮捕


山梨県富士吉田市のホテルで男性経営者が宿泊客の男に暴行され重体となる事件があり、男性は20日夜に死亡した。富士吉田署は傷害の疑いで逮捕していた男を21日に傷害致死容疑で送検した。

 送検されたのは北九州市小倉北区の会社員、一田広樹容疑者(58)。送検容疑は17日午前1時40分ごろ、富士吉田市上吉田のホテル「芙蓉閣(ふようかく)」で、経営者の外河(とがわ)茂樹さん(62)に暴行を加えて頭にけがをさせ、死亡させたとしている。

 同署によると、外河さんは17日未明、意識不明でロビーに倒れているのを発見され、男性従業員が119番通報した。周辺の防犯カメラの映像などから一田容疑者を特定し、19日に逮捕していた。死因は頭の外傷とみられる。動機や詳しい経緯を調べている。

 芙蓉閣は富士急行富士山駅前にあり、ビジネス客や観光客が利用するホテル。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000515-san-soci

宿泊客が経営者に暴行とはどういうことでしょうか。

ホテルの客だった一田広樹容疑者がホテルに対して何かしらの不満があったのかもしれませんが、夜中のトラブルとなると、一田容疑者の一方的なクレームにホテル側は答えれなかった。ということもあるかもしれません。

今後の犯行の動機が気になるところです。

そして、今回の富士吉田市上吉田のホテル「芙蓉閣」という報道がされていましたので、事件の場所がどこかGoogle地図で確認しました。

一田広樹が泊まっていた山梨県富士の芙蓉閣(ふようかく)の場所はどこか確認

目の前に富士山が一望できるというのがコンセプトのビジネスホテルです。

一田広樹容疑者はなぜここに泊まったかは明らかにされていませんが、会社員ということですので、出張か何かだったのかもしれません。

その一田広樹容疑者の経歴プロフィールを確認しました。

一田広樹の外河茂樹の経歴とプロフィールは

名前:一田広樹(いちだひろき)容疑者

年齢:58歳

職業:会社員

住所:北九州市小倉北区

家族構成:不明

容疑:傷害致死の疑いで逮捕

外河茂樹(とがわしげき)さんの経歴とプロフィールは

名前:外河茂樹(とがわしげき)さん

職業:芙蓉閣ホテルほ経営者

年齢:62歳

住所:不明

死因:ホテル宿泊客の一田広樹容疑者に暴行を受けて亡くなる

一田広樹容疑者の自宅住所が北九州市小倉北区ということなので、場所がどこかGoogleマップで確認しました。

一田広樹の自宅住所の場所がどこかGoogle地図で確認

福岡県北九州市の小倉北区ということなので、相当距離が離れていますよ

事件は7月17日(水)なので、恐らくは仕事などで止まっていたのでしょうか。

世間の声や反応は

お客様は神様という時代は終わった。やはり一人での対応は無理があるしやり返したい。

なぜ殺す必要があるのか?意味が分からない。同じ目にあって下さい。

動機や事情が記されてないけど、時間が時間なだけに泥酔状態の上での出来事かと思う。

酒癖悪い人間って存在そのものが凶器。

58歳。
駅員に暴力振るう人が多いお年頃ですね。

なにが彼らをそうさせるか?
気に喰わない事がたくさんあって、また、それ以上に不安が大きいのでしょう。
今までやってきたこと、積み重ねてきたつもりのことが、実は少しも評価されておらず、職場でも家庭でも、居場所がないどころか、粗大ゴミ扱い。
退職金も年金も、あてにしていた額には程遠い。

という人もいるでしょうね。

でも、更に若い世代はもっと悲惨ですから、甘えないでください。

客商売とはいえ、人間性に難ある相手の場合、逃げる選択もあるとは思う

相手が人間である以上、信用できるか否かでもある

カメラで一部始終を撮影か録音などの対策が必要になり、経費が嵩む所以ではある

如何なる理由があろうとも、人を死に至らしめるほどの暴力を振るった場合、殺意が無くとも殺人罪を適用するべき。しかも、暴力を振るった後に倒れた人を介抱する事なく、立ち去ったのであれば逃亡したのと同等に罪を重くするべきだ。