政治

悠仁さまの机に刃物(包丁)を刺した犯人は誰?水道工事などヘルメットを被り業者を装い中学校へ侵入

悠仁さま 刃物(包丁) 犯人は誰

秋篠宮の夫妻の長男の、悠仁さまが通われる中学校、お茶の水女子大付属中学校のご本人の机に刃物(包丁)が置かれている事件で、少しずつあらたな情報がはいって来ましたので、まとめました。

追記:逮捕されましたので、こちらに関連記事をのせます。

名前のテープで悠仁さまの席を把握か


お茶の水女子大学付属中学校で秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまの机に刃物が置かれていた事件で、犯人が机に貼られた名前のテープで悠仁さまの席を把握した可能性があることがわかった。

この事件は4月26日、お茶の水女子大学付属中学校の教室で、悠仁さまの机の上に、長さ60cmほどの棒の先端にテープで固定された果物ナイフ2本が置かれているのが見つかったもの。

棒で固定された果物ナイフは、悠仁さまの机と隣の生徒の机にまたがるようにして置かれていて、これまでに犯行声明文などは見つかっていない。

調べによると、机にはそれぞれ生徒の名前が書かれたテープが貼られていることから、警視庁は、犯人がこのテープで悠仁さまの席を把握した可能性があるとみて調べている。

引用:yahoonews

学校へ行くと、机や椅子に名前のテープが貼られていることがありますよね。それで、悠仁さまの席を特定したかもしれないということです。

この様な事件は本当に異例ですが、他人が入ってきた際は情報が沢山ある場所になってしまうのですね。また、業者と名乗って簡単に学校に入れてしまう体制が今後問われてくるのでしょうか?

構内に防犯カメラがあったとしても、その前に入られちゃおしまいですもんね。

内部を知る人間の犯行か?思想犯との声も

学校に侵入してきた時にはヘルメットを被り、青い作業服を着ていたらしいです。また、水道工事に来たと言い侵入してきたとのことでした。

さらには手袋装着して指紋を残さないようにも考えて侵入してきたとのことですね。

そもそも、犯罪者や近隣の方、関係者でもない限りは指紋を残しても殆ど関係のない話かと思いますし、名前をテープで張られていたからって、学年やクラスの場所までスムーズに行けないと、いくら作業服だからといっても、怪しまれるでしょうし、やはりある程度は特定していたのだと思います。内部からの協力や他の生徒の保護者などの協力などがないと難しいと思います。

なので、やはり席が特定できていて、指紋を残すと困る人間。だと思われます。あとは、車などで来ていてそのあたりもわかってくれば犯人へ近づいてくるのかもしれませんね。

また、思想犯が犯人との考えで捜査も行われ居るともことです。

ネットの声