事件

羽場(塲)豊の経歴やFACEBOOK顔画像は?(茨城県古河市)NPO法人OneLife小さな命代表の動物虐待や場所

羽場(塲)豊 茨城県 古河市 NPO法人ONELIFE 小さな命 代表 動物虐待 愛護団体 告発

動物の愛護団体側が虐待をしていると言うなんとも悲しい話が出て来ました。

茨城県古河市のNPO法人が動物虐待で今年の2月から改善命令を受けていたにもかかわらず改善の余地が無かったのか、 動物愛護法違反などの疑いで同県警古河署に告発されたとの事で世間で話題になっています。

愛護団体で犬猫100匹飼育


動物保護団体施設『愛護団体』で虐待か 茨城県古河市 愛護団体告発へ 茨城県古河市にある民間の保護施設で犬や猫計100匹が 最低でも1年近くに渡り、排泄物が溜まった環境で飼育されていたことが動物愛護団体の調査で分かった。

愛護団体が撮影した動画を見た茨城県動物指導センター (笠間市)は2月に改善命令を出しており、愛護団体も動物愛護法に違反するとして施設を運営するNPO法人を近く県警に 刑事告発する。

愛護団体の非営利一般社団法人『日本動物虐待防止協会』(横浜市)が二月施設関係者からの情報提供を受け、三月中に2回に渡り別の団体を名乗って施設の状況を調査。

床や動物を飼育するケージ内に大量の糞尿が放置されている様子を撮影した。 施設内は、悪臭が充満していたという。

去年3月から1年間動物ボランティアで世話をしていた女性によるとこの間の常駐スタッフは、この女性1人だけだった。 動物保護施設はNPOなどボランティア団体による運営が多く、身寄りのない動物を預かって里親など見つけるなどの役割を担う。

保護施設代表の男性は、本紙の取材に『動物撮影された日はたまたま掃除していなかった。いろんな噂があるが事実と異なる』と反論する。

引用:東京新聞より

100匹もいる犬猫の飼育を1人で行うって、かなりの無理があるのではないでしょうか。

エサはあげれても、掃除などはままならないでしょうし、1匹1匹の健康状態もまずチェックするには難しそうですよね。殺処分ゼロを目財していたのかもしれませんが、虐待に近い飼育をしては本末転倒ですよね。

羽場 (塲 )豊・保護施設代表の経歴やFACEBOOK顔写真


NPO法人OneLife – 小さな命の代表を調べると、この方が出て来ました。本人はHPには出てこないのですが、年齢等は不明です。

残念ながらFACEBOOKの本人の顔写真は出てきませんでしたが、その他の情報として、1990年にロサンゼルス?に引っ越しましたとFACEBOOKで書かれていました。友達欄にもスタッフと思わしき人の画像などが出て来ました。

飼育現場がヤバイ!

というか、これが飼育現場でしょうか、、ちょっと廃墟感があってやばいですよね。というか、廃墟に住んでる動物みたいな感じがしてしまいます。

まともな環境の気がしないです。

NPO法人OneLife小さな命の場所は

なんか、表側も廃墟感ありますね。。

この場所で里親募集などしているのでしょうか。やはり環境面で見る限りちゃんと飼育しているようにも見えません。

口コミからとんでもない内容が


譲渡会に行きました。昨日はドッグカフェでの会だったのに、間違えて法人所在地に行ってしまいました。

行ってびっくり。

匂いは外までするし汚そうで。

ゴミは雑に捨てられ。手が回らないのでしょう。

ここで保護犬が生活をしているのかと思うとゾッとしました。

善意でやっている事ではあるのでしょうけど。

代表者と話をしましたが、話が噛み合いません。

何をいいたいのか、首をかしげるばかりです。

また、態度は高圧的。こちらは、わからないから聞きたいのに。別の団体に行ってほっとしました。


犬の管理がずさんで可哀相だった。

引用:グーグルマップ口コミ欄より

世間の反応や声は