話題

外国産の小麦で発がん性物質の残留農薬(グリホサート)が検出。製粉会社の回答を信じても大丈夫?

外国産の小麦で発がん性物質の残留農薬(グリホサート)が検出。製粉会社の回答を信じても大丈夫?

山田正彦(やまだまさひこ)元農林水産大臣が6月20日で個人のブログで驚くべきことを発表しました。

2019年1月頃に外国産小麦から発がん性物質にもなる除草剤「ラウンドアップ」の主成分であるグリホサートが検出されたことが話題となり、一時は大手の製粉会社からのコメントなどが大きく取り上げられてました。

今回、山田雅彦元農林水産大臣が人体からグリホサートが検出されたとの事を報告しました。

更に多くの国会議員達からもグリホサートが検出され板との事で、多くの人たちに声掛けをされていましたので、今回はモンサント社のラウンドアップの隠ぺいの内容とグリホサートの内容と

大手製粉メーカーの以前の回答などの詳細をまとめました。

モンサント社のラウンドアップでガンになる事を隠ぺいしていた?

外国産の小麦で発がん性物質の残留農薬(グリホサート)が検出。製粉会社の回答を信じても大丈夫?


日本では報道されませんが 、米国、EUでは 今大変なことが 起きています。 最後まで読んでよければシェア拡散して頂けませんか。
最近、モンサントにラウンドアップで癌になったとして、米国では3件目の判決、癌患者夫婦に2200億円の賠償を命じる判決がでました。
 
まだ同様の裁判が1万1000件申し立てされて現在審議中ですが、これからも続々と判決がだされそうです。
 
昨年モンサントを買収したドイツのバイエル社は株価が5割下がって、ついに買収した農業部門から1万1000人のリストラを発表しました。
 
バイエル社そのものも、このままでは傾くのではないかと噂されているほどです。
 
日本では始めて雑誌”選択”がモンサントの落日を掲載しました。
 
モンサント敗訴の最大の理由は証拠として出された内部の機密資料で、すでに十数年前にグリホサートで癌になることを 同社が認識していたことが 明らかにされたのです。 
 
同社はその事実をひた隠しに隠し悪質な隠蔽工作を長い間続けていたのです。


https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12483540404.html

なんと、モンサント社が販売しているラウンドアップでガンになったとの裁判が勝ち取ったとの事でした。内部の機密資料ではラウンドアップがガンになることが分っていたとの事でした。

ちなみにラウンドアップ自体は除草剤として広くつかわれている製品です。

例えば、果物類でもマルバツユクサと言う雑草の対策として収穫の7日前までに3回~5回と農薬の使用登録として決められています。

そのラウンドアップは本当に広く使われていて、農作物や果実などにも使用され、いままでグリホサート自体も人体への害は非常に少ない農薬として使われていたのですが、

今回はそのなかの成分に「グリホサート」がラウンドアップの原因でガンになったという事でなんと、2200億円もの賠償命令が下されましたので、やはりグリホサートはガンの原因になるという結果になりました。

海外では小麦などにも使用をしているとの事ですが、海外の小麦を扱う国内の製粉メーカーからもグリホサートが検出されたとの事です。

小麦にラウンドアップを使用していた国はアメリカ・カナダとオーストラリアの製粉で日清製粉などからも検出された?

外国産の小麦で発がん性物質の残留農薬(グリホサート)が検出。製粉会社の回答を信じても大丈夫?


恐いことに米国、カナダ、オーストラリアでは小麦などの収穫前に乾燥の手間を省くためにラウンドアップを散布しているのです。
 
農水省は10年前から米国などから輸入される小麦のほぼ全量からグリホサートが検出されたにもかかわらず、小麦商品の調査すらしなかったのです。
 
最近、日消連で調査したところ日清製粉等大手3社の小麦粉等からグリホサートが検出されたのです。


https://ameblo.jp/yamada-masahiko/entry-12483540404.html

ラウンドアップでガンになって2200億円もの賠償命令を出されたものである、グリホサートが国内の小麦メーカーから検出されたとの事です。

大手3メーカーと言えば、日清製粉・日本製粉・昭和産業との事ですが、外国産小麦を使用しているスナック菓子などからもグリホサート検出されているとの事です。

それに対しての各メーカーの回答の記事を見つけました。

グリホサート残留に対して日清製粉・日本製粉・昭和産業の回答は?

外国産の小麦で発がん性物質の残留農薬(グリホサート)が検出。製粉会社の回答を信じても大丈夫?


外国産小麦は、国(農水省)から買い付けています。国は原料小麦を輸入する際に残留農薬の安全性を確認していますので、製粉会社は国が安全を確認した小麦を買い受けております」(日清製粉グループ本社)
「輸入小麦につきましては、農水省が輸入時に食品衛生法に基づいた検査を船ごとに行い安全性を確認しております」(日本製粉)
「外国産小麦は、輸入時に農水省が残留農薬等に関するポジティブリスト制度に基づく検査を実施し、安全性を確認したうえで製粉会社に売却されております。〈中略〉残留基準は、人の健康に害を及ぼすことのないよう、厚労省により食品ごとに認定されています」(昭和産業)


https://news.livedoor.com/article/detail/15891641/

この様な回答の記事がありましたが、ではなぜスナック菓子からグリホサートが検出されたのでしょうか?

検出されたとしても人体に影響の無い量なのでしょうか。少なくともアメリカではラウンドアップはグリホサートがガンの原因として一般人が裁判で勝っています。

アメリカの裁判で負けた成分が入ってても、それを日本の食品衛生法では安全だといっているようなものです。本当に、輸入の小麦製品は大丈夫でしょうか?

国内でも裁判を起こせば勝てるかもしれませんね笑

と冗談はさておき、笑い事では済まされない内容です。

グリホサートが残留を認められている数値は分りませんが、いまからでも、その基準を変えたほうがいいようにも思います。