事件

群馬南牧村・海老原功の経歴やFACEBOOK写真などマイクロバス転落事故

群馬南牧村 海老原功 経歴 マイクロバス転落 写真

ここ最近、車の事故のニュースが後を絶えません。そして、関連しているのが、多数の人たちに被害を被っている事故ですよね。

今回も軽いミスからマイクロバスを谷に落としてしまう。というとんでもない事故をおこしてしまいました。

群馬県の南牧村での事故でしたので、詳細をまとめました。

高齢者・乗客14人が重軽傷

群馬南牧村 海老原功 経歴 マイクロバス転落 写真


山道に駐車中のマイクロバスが突然動き出し、崖下に転落して、乗っていた14人が重軽傷。
警察は、運転手を逮捕した。

10日午後3時前、群馬・南牧村の林道で、駐車していたマイクロバスが突然走り出し、およそ20メートル下の林に転落した。

バスには、茨城県から登山のイベントに参加していた50代から80代の男女15人が乗っていて、このうち3人が重傷、11人が軽傷。

バスに乗っていた人は、「(どのように転落した?)そのままバスがスーッと」と話した。

警察は、事故当時、バスを離れていた運転手の海老原功容疑者(66)を、業務上過失致傷の現行犯で逮捕した。

現場の林道は緩やかな斜面で、海老原容疑者は、エンジンをかけ、ギアをニュートラルに入れていたが、サイドブレーキについて、「引いたと思うが甘かったかもしれない」と供述しているという。

引用:FNN

下記にも記述していますが、この海老原功容疑者は新車・中古車を取り扱うお店の代表の方です。

そんな代表がこの様なミスをするとはいかがなものでしょうか。

ひょっとして、マイクロバスのサイドブレーキを上げてもブレーキの利きが弱い状態。いわば整備不良の可能性だってあります。

オークション代行もされている人がその様な結果じゃ、ひょっとすると販売した車も整備をちゃんとしていたのか?と疑問に思ってしまいますね。

海老原オートの場所や地図・代表のプロフィール

海老原功の職場が下記になります。

職場が茨城県の守屋市になります。現場が南牧村なので、職場から170kmほどある場所です。

それにしても随分と遠くまで運転されていたのですね、関越自動車道を使っても乗用車で2時間と少しくらいの時間がかかる場所です。マイクロバスなら2時間半~3時間はかかってしまいそうです。まっすぐ向かってでの距離なので、お客さんの場所によっては更に運転をしていたと予想されます。

ひょっとすると、ここまでの移動中までに海老原容疑者は疲れてしまって、うっかりサイドブレーキを忘れてしまった。ということもありえるかもしれません。

FACEBOOKで海老原功を調べましたが、それらしい人はいました。

ただ、残念ながら確証がないため控えさせていただきます。

海老原功のFACEBOOK検索はこちら

世間の反応や声は

20mから落下するのも本当に怖いですよね。重傷者もでているので心配ですね。

そして、皆さんが「輪留め」「ハンドルを山側へ」と言う声も出ています。

わかっていたのかもしれませんが、こうなってしまうともう手遅れですよね。

保育園児童を轢いてしまう様な事故もありますが、停車中で運転をしなくとも怪我をさせてしまうこともありますので、教訓として、私も停車にも気をつけたいと思います。