雑記

五月病とは?誰にでもなる可能性がある精神疾患。いわゆる「うつ病」とくダネ

五月病 精神疾患 うつ病 とくダネ

本日のとくダネで「五月病」の話題が出て来ました。

言葉を想像するに何となく分ってしまいそうですが、主婦の方にも影響があるかもしれない五月病。

そのわけなどをまとめてみました。

五月病と言われる原因は?

五月病 精神疾患 うつ病 とくダネ


日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、クラス替え、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃]から起こることが多いためこの名称がある。

医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断される

発症に至る例としては、今春に生活環境が大きく変化した者の中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出る、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐなどの要因から、ゴールデンウィーク明け頃から理由不明確な体や心の不調に陥る、というものがある。

主な症状
抑うつ、無気力、不安感、焦りなどが特徴的な症状である。主訴には、不眠、疲労感、食欲不振、やる気が出ない、人との関わりが億劫などが多い。

対応策
気分転換をし、ストレスをためないよう心がけるのが良い。ただし、食事やアルコールに頼りすぎる事は、摂食障害や急性アルコール中毒など、別の問題を引き起こす可能性があるため、あまり勧められない。中学校や高校など、以前の環境の友人と会うのも良い。

これが主婦のかたでも十分五月病になる可能性が秘められているとの事です。

うつ状態に入る理由が「五月」のGWだから五月病と言われているのでしょうね。

ひょっとすると五月病予備軍かも?

五月病 精神疾患 うつ病 とくダネ

なんとも言い難いことですが、個人的には大なり小なりGWが終わればいやいやでも仕事をしている、学校、家事を行っているかたが大半だと思います。

なので、ずっと「いやいや」と思っている人もいるかもしれません。そういう方は要注意だと思います。五月病の可能性が上がるかもしれません。

上記のように自分がストレス発散できる対応策などを考えておくのもいいかもしれません。

例えば・気分転換の散歩やランニング、普段行かない外食や場所。

癖にならない程度に適度に利用するのはいいことだとおもいます。

GWで自分を休ませた??

五月病 精神疾患 うつ病 とくダネ

GWになると、ごこかに出かけなきゃ。と言う衝動にかられませんか?

特に相方さんや家族をお持ちの方は、相手のために率先してGWの行動をする事が多いかと思います。

ここで、批判を恐れずに言うなら、自分も楽しめる事をしていないからだと思います。

相手を気遣ってばかりで、自分の癒しのなるところがないままGWが始まり、終わって虚無感が生まれてくるのだと思います。

なんにせよ、「ストレス」が一番の原因なので、ストレスを解消出来るような時間も作ることが非常に重要となってきます。

世間の反応は10連休が引き金になっているとの声も

最後に

この連休を引き金に五月病と言う言葉を知り、自分もそうだと思ったりすることも返って悪影響だと思います。

次の連休などのお盆休みでも8月病といわれるかもしれません。

自分とよく向き合い、適度なストレス発散をおこなうのがいい薬になりますので、なるべくオンとオフの切り替えが出来るようになったほうがいいかもしれませんね。