投資の話

Facebook(フェイスブック)が仮想通貨(暗号通貨)リブラを発行!?創設メンバーがやばい!どう使うかとメリットやいいねや友達の数と投稿数は関係する?

Facebook(フェイスブック)が仮想通貨(暗号通貨)リブラを発行!?創設メンバーがやばい!どう使うかとメリットやいいねや友達の数と投稿数は関係する?

1

Facebookが暗号資産のリブラを共同で発行

Facebook(フェイスブック)が仮想通貨(暗号通貨)リブラを発行!?創設メンバーがやばい!どう使うかとメリットやいいねや友達の数と投稿数は関係する?


米フェイスブック(FB)は18日、米カード大手のビザやマスターカードなど27社と共同で、来年上半期にも暗号資産(仮想通貨)を発行すると発表した。FB利用者は世界で27億人、ビザカードなどの取扱店舗は5千万規模に上り、暗号資産の普及に弾みがつくことになりそうだ。

 発表によると、暗号資産の名称は「リブラ」で、スイスのジュネーブに設立した発行団体「リブラ協会」が管理、運営する。創立メンバーには、音楽配信のスポティファイやオンライン決済のペイパル、ライドシェアのウーバーなど28の大手企業が参加。開始時には百社以上にする考えだ。日本からの参加も見込み、日本を含む各国の規制当局と協議しているという。

 基幹技術には、取引データに間違いがないか、世界中の参加者がチェックする「ブロックチェーン」を用い、利用者はスマートフォン上のアプリを使う。例えば、FBのメッセージアプリ「メッセンジャー」や「ワッツアップ」上で、海外や国内への送金を簡単に行えるようになるほか、ネット上の買い物やビザなどのカードが使える店舗での支払いなどが想定されている。

一気に近未来の時代が幕を開けてしまうかもしれません。

フェイスブックやワッツアップなどから暗号通貨を使用して送金や買い物を簡単にできるようになるとのことです。

おそらくは「リブラ」という暗号通貨をアプリ内で簡単に送金できるシステムにするかと思われます。それにしても創設メンバーがやばいですね!相当上場企業が本気を出してきたとも思われます。

Facebookの「リブラ」の発行枚数はどれくらい?

Facebook(フェイスブック)が仮想通貨(暗号通貨)リブラを発行!?創設メンバーがやばい!どう使うかとメリットやいいねや友達の数と投稿数は関係する?

暗号通貨には発行枚数を設けている通貨がかなり多くあります。

ちなみに暗号通貨の代名詞ともいえるビットコインは2100万枚となっており、その発行枚数に上限があると言うことが価値の担保にもなっています。

また、「リップル」などの発行枚数は1000億となっており、ビットコインに比べてかなり流通量が多いのですが、リップルの場合は国際送金を目的として発行枚数を多くしていのが理由との事です。

送金目的の通貨の価値が急騰や急落したら誰も使わないですよね。その様に枚数を増やして、自然に利用者が増えると価値が上がるシステムにしています。

そして、肝心のFacebookの「リブラ」の発行枚数はまだ公表されていません。

ビザやマスターカードなどと共同で開発しているところを見る限り、会計にもタイムラグが無くすぐ使える便利な暗号通貨を目指しているようにも思えます。

と言うこともあって、ビットコインのような金融資産というより、本当に通貨の代替としてのデジタル通貨と言うことでしょうか。

Facebookのリブラを使用するメリットや価値を上げるための方法は

Facebook(フェイスブック)が仮想通貨(暗号通貨)リブラを発行!?創設メンバーがやばい!どう使うかとメリットやいいねや友達の数と投稿数は関係する?

現段階ではリブラは2020年に第一クウォーターの開発段階を目指しているとの事なので、完全に実用できるまではまだ数年かかると思われます。ICOなどもまだ先かと思われます。

ただ、クレジットカード会社が共同と言うことは、「リブラ」を使用する時に自動的にクレジットカードから引かれて「リブラ」を購入して送金、または決済。と言うことが可能になりそうな気がします。ペイパルで先に「リブラ」を購入して、「リブラ」国をまたいで使用も出来ますし、地元でも普及すればそのまま使える。

まさに超大規模な電子マネーということです。(電子マネーで十分とはここでは言いません。)

また、スポティファイのリブラ決済などもできそうですね。

と言うのは、暗号通貨が使えるサービスが増えれば増えるほど、ボーダーレスで使用もできる様になるメリットもあります。

リブラがどのように価値が上がっていくかを考察。マイニングはあるのか。

また、Facebookではページ内で事業用の広告をお金を払って貼っています。

この様な、広告を張りたい人達は「リブラ」で広告料を支払ってください。と言うこともありえますよね。

また、投稿数やいいね・シェア数に応じてリブラ通貨を還元する。と言うサービスもひょっとすると出てくるかもしれません。

暗号通貨にはビットコインと同様のシステムのブロックチェーンというシステムや、DAGというブロックチェーンとは違った次世代の暗号資産があります。

今回の「リブラ」がどのような方式を使用するかは分りませんが、ビットコインでは「マイニング」と言う裏作業を行う人がいないと成り立たないシステムになっているので、詳細は記載しませんが、送金すると言うより、価値の保存のほうがあっています。

また、DAGは「マイニング」を必要としないため、暗号通貨のメリットである送金が最大限にメリットが出てくるかと思われます。

詳細は明らかにされていませんが、Facebookをリアルタイムで使用している人達がマイニング者になったらFacebook自体も利用する人が更に増えそうにも思えます。マイニング無しで全然いいですけど。

Facebookの暗号通貨「リブラ」に対してほかのSNSは?

Facebookが暗号通貨の「リブラ」を開発して他のSNSのツイッターやインスタグラムどうなるのかな?と思う人達がいるかもしれません。

とはいえ、今回はクレジット会社や音楽配信会社など27社もの会社が共同開発しているとの事なので、協力者とその通貨を利用するつもりの会社がいるので相当有利に思えます。

その他のSNSが暗号通貨を作る場合はそれと同様、そして使いやすさが求められるので、早くいいものが出来上がったところが市場を占有できるように思えます。

使用者達からすれば、便利な世の中になってくれればいいので、是非切磋琢磨していい通貨なりを作ってくれることを願っています。

世間の反応や声は

これは日本でも利用する人が多いかもしれない。
ただ、FB自体の情報流出って頻々に起きてるからそこのイメージをどう払拭できるかじゃないかな。
CC事件でもかなりの被害があったし
FB広告でも小田正義みたいな商材系広告はかなり多いからな。

今になっては珍しく日本が先頭集団にいる分野、日本がスタンダードを取りに行って欲しい。既存制度をいたずらに守でもなく、ライバルと消耗戦を繰りひろげるのでもなく、実利が多い形を官民で協力して狙いに行って欲しい。

海外で両替の手間が省けて、多くの場所でスマホ仮想通貨決済可能になるなら最高に便利。
仮想通貨じゃないけどLINE Payはタイと日本で並行して使えなくて不便なんですよね。

どんな形であれ便利なら使われると思う。

財布まで握られてどうする、Huaweiより怖いわ。