事件

別所守(べっしょまもる)の経歴と顔画像は。催涙スプレーをかけた犯行の動機は容疑者が病気だった?

男性に催涙スプレーを吹きかけ、けがを負わせたとして、神奈川県警都筑署は3日、傷害の疑いで、自称同県横須賀市林の職業不詳、別所守容疑者(43)を逮捕した。

別所守容疑者が横浜市都筑区仲町台のマンションで56歳男性に催涙スプレーをかけて暴行で逮捕


男性に催涙スプレーを吹きかけ、けがを負わせたとして、神奈川県警都筑署は3日、傷害の疑いで、自称同県横須賀市林の職業不詳、別所守容疑者(43)を逮捕した。「頭がボーッとしていた」などと供述している。

 逮捕容疑は2日午後11時40分ごろ、横浜市都筑区仲町台のマンションの廊下で、同区北山田の自営業の男性(56)に対し、顔面に催涙スプレーを噴霧し、顔や上半身などにけがを負わせたとしている。

 同署によると、男性はマンション内に借りている事務所に入ろうとしたところを、別所容疑者に名前を呼ばれ、スプレーを吹きかけられた。男性は別所容疑者と面識がないと話しているという。

 その場にいた男性の知人が110番通報し、駆けつけた同署員がマンション敷地内にいた別所容疑者を発見した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000582-san-soci

いきなり知らない人に名前を呼ばれる催涙スプレーをかけられて暴行されるって、恐ろしいですよね。

今回の事件の現場はどこかを調べました。

横浜市都筑区仲町台で催涙スプレーをかけたマンションの場所はどこ?

現在の報道ではマンションの映像等はなく、場所の特定は出来ませんでした。

別所守容疑者の経歴とプロフィール、Facebook顔画像などは

住所 神奈川県横須賀市林

職業 不詳

名前 別所守(べっしょまもる)

年齢 43歳

容疑 傷害の疑いで逮捕

FacebookやツイッターなどのSNSアカウントは現在確認中です。

また、顔画像なども確認中です。

そして、別所守容疑者の自宅周辺から事件の現場までの距離も確認しました。

別所守容疑者の自宅周辺と横浜市都筑区仲町台のマンションまでの距離をGoogle地図で距離を確認

自宅周辺から事件の現場まで車を使用して約45分くらいの距離でした。

催涙スプレーをかけられた被害者の経歴は

名前 不明

年齢 56歳

性別 男性

住所 横浜市都筑区北山田

職業 自営業

今回はこの50代男性の事務所のマンションで別所守容疑者が催涙スプレーをかけたとのことです。

被害者の男性は別所守容疑者とは面識が無いとのことです。

氏名が公開されていないのでSNSや顔画像などの特定は出来ませんでした。

この、催涙スプレーをかけた56歳男性の自宅周辺、 横浜市都筑区北山田から、横浜市都筑区仲町台のマンションまでの距離関係を確認しました。

催涙スプレーをかけ50代男性の自宅周辺から事件の現場までの場所はどこか確認

犯行の動機が驚く内容でした。

別所守容疑者の犯行の動機や原因は薬物や精神的な病気?

別所容疑者は「何があったかも分からない」とも話しているといい、同署は動機の解明を急いでいる。


別所守容疑者は犯行時の様子は「頭がボーッとしていた」また、「何があったか分からない」と言ってます。

こんかいの事件では催涙スプレーを持っていたのは犯行の準備をしていたからかはわかりませんが、もし本当に供述通りなら、頭がボーッしていたのは薬物か何か、または頭や精神的な病気だったのかもしれません。

今後の報道などでも明らかになってくるかと思われます。

現に50代男性の名前を呼んで犯行に及んでいるので、別所守容疑者からすると面識があった様子です。

世間の反応や声は

・別所容疑者は「何があったかも分からない」とも話している
催涙スプレーをなぜ持っていたのかもわからない….

・本来は女性の護身用具ですが、通り魔目的でも転用可能ですか。

・被害者の方に何か恨みがあったのかな?

あれも気をつけた方がいいと思う。

・まったくもっての逆恨みで加害者は被害者にずっと恨みを持ってたけど、被害者は加害者の顔も名前も何もわからないっていう怖いパターン?

・都筑区は市内1、平均年齢が低いだけあって若い人や若いファミリーが多い。青葉区住民に比べると、ヤンキー家族もそこそこ多い。たまにわけのわからんような人種も結構いるんだよね。