芸能

子連れ狼の作者、小池一夫さん本名は俵谷 星舟(たわらやせいしゅう)が肺炎で逝去

「ちゃん」のフレーズで有名な子連れ狼の作者の小池一夫さんが82歳でなくなりました。


死因は肺炎


すでに療養中だった小池一夫さんは、4月17日にお亡くなりになり、本人の希望により家族のみで葬儀を終えたと19日に小池さんのツイッターで報じられた。

執筆当時はルパン三世で有名な、モンキーパンチと人気を争い、先日の11日にも追悼したばかり、同じ世代で頑張りあった方の後を追うように亡くなられたのは、少し残念な気持ちですが、見届けるまで頑張っていたのかもしれません。

小池一夫の経歴など

若い方は小池一夫を知ってる方も少ないかと思いますが、小池さんは「子連れ狼」「御用牙」「高校生無頼控」や、ゴルゴ13」の原作を作られたり、「マジンガーZ」「電子戦隊デンジマン」「グレートマジンガー」など多くのアニメ主題歌の作詞、さらに小説家、脚本家、作家の仕事もされており、幅広く活躍されていました。

また、旧名: 〈たわらや ゆずる〉、作詞家としての別名: 東 文彦〈あずま ふみひこ〉などの別名ももって仕事をされていました。

以下はウィキペディアを引用

1980年代以降は、時代の変化もあり、刺激を弱めて、週刊少年サンデーでキャリア唯一の少年誌ラブコメ『ラブZ』(1982年)を発表するなど[13]、娯楽性を主にした作品に作風を切り替えた。1984には、雑誌『週刊サンケイ』に初の小説「乾いて候」を連載開始し、小説家としてもデビュー。

後進の育成にも力を入れており、1977に「小池一夫劇画村塾」を開設。出身者に高橋留美子原哲夫板垣恵介山口貴由山本貴嗣堀井雄二さくまあきら西村しのぶ山本直樹らがいる。

2000大阪芸術大学芸術学部映像学科の教授に招聘され、『小池一夫のキャラクター原論』を上梓。2001、同大学にて漫画家養成を目的とした「小池一夫ゼミ」第一期をスタート。以後、主な小池ゼミ出身者としては椎橋寛森橋ビンゴ、田雑芳一、宮本和也、険持ちよ、矢寺圭太、篠丸のどからがいる。2002、同学部文芸学科長。2005、同大学でキャラクター造形学科の開設に尽力し、同学科長に就任。佐藤健太郎金田陽介鳴海アミヤらを輩出している。2009、同大学を退任。

2003、プロ養成漫画塾「小池一夫塾」を新宿にある映像テクノアカデミア内に開講(現在は終了)。また『子連れ狼』の続編、『新・子連れ狼』を連載開始している。2006劇画村塾を再開(東京第9期、大阪第1期)。2007、同塾、東京第10期、大阪第2期をスタート。同年9月、劇画村塾を株式会社化するも、2009に同社と訣別。

2005、生まれ故郷である秋田県大仙市に百歳寓という別荘を設けている。現在は売りに出されている。[14]

2011、4月に独自の講座「キャラクターマンWEB講座」を開講し、同年11月創作ブランド「小池工房」を設立。

小泉政権時代より政府の「知的財産戦略本部」に参加し、「知的財産」に関する講演も多い。

日本文藝家協会日本映像学会日本アカデミー賞協会の会員。星野仙一新仙組総長、阪神タイガース金本知憲後援会会長。

引用ここまで(ウィキペディア)

ツイッターからの有名人の反応は